すぐお金が欲しい人は必見!お金をすぐに調達する方法をわかりやすく徹底解説

すぐにお金が欲しい

すぐにお金が欲しい!即日で手に入る方法を知りたい!

誰でも自分の収入以上にお金が必要になることがあります。

それでは、すぐお金が欲しい時にはどうすればいいのでしょうか。

いくつかの方法がありますから状況によって使い分ける必要があります。

もちろん、どれくらいの時間的余裕があるのかによって調達方法は変わってきます。

本当にお金が欲しい状況になる前にあらかじめ調べておくことが大切です。

これから代表的な方法を紹介しましょう。

自分に合った方法をしっかりと認識しておいてください。

ただ、お金を稼ぐことと借りることでは大きな違いがありますから、その点も確認しておきましょう。

ざっくりいうと

すぐにお金欲しい

  • 即日でお金が欲しい場合は、貸し入れや転売、即日バイトなどでお金を手に入れることができる!
  • お金を借りる以外の方法でも、すぐにお金を手に入れることができる!
  • 新型コロナウイルスの影響によりお金が必要な場合は支援金などをまずチェックしてみよう!

今すぐ〜3日以内にお金が欲しい場合

今すぐ〜3日以内にお金が欲しい場合

3日以内にお金が欲しい場合にはどのような方法があるでしょうか。

銀行や役所などを利用する場合には手続きのための日数が必要ですから、3日以内にお金を手にすることは難しいでしょう。

そのため、比較的高めの利息などある程度のデメリットは避けられません。

それでもお金が欲しいのですからやむを得ないでしょう。

3日以内にお金が欲しい場合
  1. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  2. 質屋に持ち物を売る
  3. カードローンを利用する
  4. メルカリで持ち物を売る
  5. 即日バイトで稼ぐ

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

あなたがクレジットカードを持っているならキャッシング枠を利用して現金を引き出す方法が一番簡単です。

もちろんカードには上限がありますが、すでにカードを所有しているなら手続きは不要です。

インターネットで申し込むこともできますし、コンビニのATMで現金を引き出すこともできます。

その際の利息は高いですから、できるだけ早く返済することが重要です。

キャッシングは単なる借金ですから、自分の所持金が増えたわけではありません。

お金にルーズな人はそれを勘違いしてしまいます。

質屋に持ち物を売る

sell

昔からある質屋に自分の持ち物を売って、現金を受け取る方法もあります。

形としては売却していますが、短期間で返済するめどがあるなら、買い戻す約束をしてもいいでしょう。

もちろん、手数料などがかかりますから、受け取ったお金よりも多く支払わなければ持ち物を取り戻すことはできません。

また、品物にどれだけの価値があるかを判断するのは質屋ですから、希望通りのお金にはならないケースがほとんどでしょう。

自分の部屋にほとんど使っていないものがたくさんあるなら、質屋を有効活用できるでしょう。

カードローンを利用する

カードローンはキャッシングと本質的には変わりませんが、返済期間が決められている借金です。

キャッシングよりも多額の借金が可能です。

これもあなたの収入に応じて上限が決められていますから、無制限の借入はできません。

3日以内にお金が欲しい状況とは安定した収入がなく、本当にお金に困っていることを示しています。

このような時に長期のカードローンを組むとその返済でさらに苦しくなることでしょう。

多重債務者の多くはこのパターンに陥っていますから注意しておかなければなりません。

メルカリで持ち物を売る

app

多くの人が活用しているメルカリで持ち物を売る方法もあります。

メルカリとはインターネット上のフリーマーケットです。

いろいろなものが出品されており、気に入った人が購入してくれます。

金額は交渉によりますが、注目度の高い品物ならある程度の金額は期待できるでしょう。

ただ、品物の受け渡しに時間がかかる場合には、現金の受け取りも時間を要する場合がありますから、事前に確認しておきましょう。

自分が手放したくないと思っている商品が一番人気かもしれません。

即日バイトで稼ぐ

超短期の1日のバイトなどでは、即日支払いとなっているところが少なくありません。

もちろん、仕事内容は長期で続けたいと思わない仕事はほとんどですが、今お金が必要なのだと割り切って働くことをおすすめします。

インターネットの求人サイトなどではたくさんの情報がヒットしますが、詳細を確認しておくことが大切です。

その日に給料を受け取れると思っていたら実は違っていたという話はよくあるパターンです。

依頼元が信頼できるかどうかをチェックしなければなりません。

1ヶ月以内にお金が欲しい場合

1ヶ月以内にお金が欲しい場合

すぐにお金が欲しいといっても1ヶ月程度の時間的余裕がある場合には、選択肢はかなり広くなります。

バイトで収入を得ることもできますし、新規にクレジットカードを作ることも可能でしょう。

また、一定の要件を満たす人の場合は、公的支援制度を利用できるケースもあります。

1ヶ月以内にお金が欲しい場合
  1. バイトで稼ぐ
  2. 新規でクレジットカードやカードローンを契約する
  3. 国や自治体の支援制度を利用する

バイトで稼ぐ

まずは、素直にバイトで稼ぐことです。

自分が希望している仕事ではないとしてもお金のために働いている人はたくさんいます。

特に単純作業など誰でもできる内容であれば、面接で落とされることはほとんどありません。

逆に人がすぐに辞めてしまうため、常に人手不足状態になっている業界も少なくないのです。

それから給料の支払い日については確認しておかなければなりません。

一般的には月末締めの翌月払いだからです。

今月末までにお金が必要な場合には間に合わないかもしれません。

新規でクレジットカードやカードローンを契約する

card

新規でクレジットカードやカードローンを契約して、そのカードを使って借入をすることもできるでしょう。

最近はカードを作るための手続きはかなり短縮されています。

所得証明やマイナンバーカードなどがあれば、即日カード発行を宣伝文句にしている業者もたくさんあります。

また、カードを作って借入をするとキャッシュバック特典を受けられる場合もあります。

キャンペーン情報をチェックしておきましょう。

ただ、自分なりの返済計画を立てることが肝心です。

バイトなどと違って収入が増えるわけではありません。

国や自治体の支援制度を利用する

国や自治体ではお金に困っている人を支援する制度があります。

低金利または無利息での借入です。

ただ、所定の手続きを経なければお金を受け取ることができませんし、一定の条件を満たさなければなりません。

お金が欲しい状況になる前に調べておくことが大切でしょう。

日頃から自治体の窓口で相談しておくと手続きがスムーズになりますし、お金が必要になってから相談しても遅いのです。

また、窓口の担当者が自分の知らなかった支援制度を紹介してくれることも少なくありません。

ほとんどの人がもっと早く利用しておけばよかったと感じています。

借りる以外でお金を稼ぐ方法

借りる以外でお金を稼ぐ方法

お金が欲しい状況を解決するには大きく分けて二つのアプローチがあります。

借りるか稼ぐかです。

もちろん、自分が置かれた状況での選択肢は限られてきますが、できることなら稼ぐことをおすすめします。

借金は一時的な改善にはなっても根本的な解決にはならないからです。

いくつかの稼ぐ方法を紹介しますから、自分に取り組めそうな方法を検討してください。

ブログで稼ぐ

ブログを制作して稼ぐ方法があります。

ブログに張り付けた広告によって収入を得ることができるでしょう。

もちろん、ブログ制作のスキルが必要になりますから、初心者がすぐにお金を稼ぐことは現実的ではないでしょう。

ただ、スキルを持っている人ならチャレンジしてみる価値はあります。

実際にブログだけで生計を立てている人もいるからです。

どのようなブログが収入を得やすいのかを知っておくことが大切です。

また、時代によって注目される話題は変化します。

クラウドファンディングでお金を募る

money

クラウドファンディングとはインターネットを活用した募金集めです。

募金の対象は自分がやろうとしている活動や会社への寄付です。

クラウドファンディングで入金してくれた人には活動の成果を目に見える形で提供することが重要です。

もちろん、多くの人を納得させられるだけの計画が必要です。

思い付きだけでは誰もあなたの将来に期待してくれないからです。

何のスキルも志も持たない人がクラウドファンディングを利用することは現実的ではありません。

自己アフィリエイトで稼ぐ

自己アフィリエイトとは自分で自分のブログから商品を購入することです。

一般的なアフィリエイトと仕組みは同じです。

通常のアフィリエイトはあなたのブログを読んでアクセスした人が商品を購入した時に報酬を受け取ることができます。

それを自分でやるのですから自己アフィリエイトと呼ばれています。

つまり、通常の商品購入にアフィリエイト報酬がついてくる仕組みです。

いずれ商品は購入するつもりだった人には報酬分だけの利益が出ることになります。

ギャラ飲みで稼ぐ

ギャラのみ

女性が稼ぎやすいと注目されているのがギャラ飲みです。

ギャラをもらって飲み会に参加することです。

見ず知らずのグループでの飲み会への参加となりますから、人付き合いがうまい人におすすめでしょう。

ギャラ飲みの相場は比較的高いため、小遣い稼ぎの女性たちが多いようです。

ただ、女性にとっては一定のリスクがあることを考えておかなければなりません。

お金のためとはいえ、自分が不安な気持ちになるようなことは避けるべきでしょう。

何の予備知識もなくギャラ飲みに参加するのではなく、依頼元の男性と事前に内容確認をしておくことが大切です。

コロナで不景気!お金が必要な方向けの支援金

お金が必要な方向けの支援金

コロナの影響を受けてお金が無くなっている人は少なくありません。

そのような人向けの公的資金による支援金の活用を紹介しましょう。

もちろん、誰もが支援金を受け取れるわけではなく一定の条件がありますから、事前に確認しておくことが大切です。

自治体の窓口に行けば詳しく説明してくれます。

支援金
  1. 緊急小口資金
  2. 総合支援資金
  3. 子育て世帯生活支援特別給付金
  4. 住居確保給付金
  5. 休業支援金・給付金

緊急小口資金

緊急小口資金はコロナ対策の一つとして行われているものです。

コロナの影響で仕事ができなくなるなど収入が減少している人を対象としています。

小口資金ですから金額の上限は20万円までですが、無利子無担保で償還期間は2年以内です。

一般の貸し付けと比較すれば非常に有利な条件です。

1年程度で元の収入に戻ると想定されていますが、現在のコロナの状況では不透明な部分が少なくありません。

償還開始時点でも収入が少なければ、償還免除の手続きも可能です。

いずれにしても自治体のホームページで確認しましょう。

総合支援資金

money

総合支援資金は単発の緊急小口資金とは別に支援されるお金です。

コロナの影響で休業を余儀なくされている人の収入補填の意味合いがあります。

総合支援資金で受け取れるお金は上限15万円までを3月以内となっています。

もちろん、無利子ですが償還期間は10年となっているため、状況が好転してから返済することが可能です。

総合支援資金を受け取るには審査を受けなければなりません。

いくつかの書類が必要となりますから、窓口で確認しましょう。

子育て世帯生活支援特別給付金

子どもの養育のための資金が必要な場合は、子育て世帯生活支援特別給付金があります。

これもコロナの影響の救済処置です。

子育て支援としては児童扶養手当が支給されていますが、それだけでは不足してしまっている家庭への支援策です。

親がコロナに感染したり家庭内で感染者が出たりした場合には仕事を休まなければなりません。

特にひとり親の家庭ではより手厚い経済的な支援が求められているのです。

自分が対象となるかどうかはコールセンターなどで確認しましょう。

住居確保給付金

money

住宅確保給付金は家庭内での生計維持者がコロナの影響で離職や休職状態となり、生活資金の確保ができない場合に適用を受けられます。

支援のためには一定の要件があります。

基本的な考え方は仕事をしたくてもできない状況にあることです。

仕事をする意思を示すものとしてハローワークなどで求職活動が重要視されます。

住宅確保給付金は自治体からアパートの管理会社へ直接支払われますから、自分で家賃を払う必要はありません。

現金を手にすることはできませんが、家賃支払いが免除されますから、大きな支援と考えていいでしょう。

休業支援金・給付金

休業支援金・給付金はコロナウイルスのために休業を余儀なくされて会社から休業手当を支給されなかった人が対象となります。

支援金・給付金は返済の必要はありません。

ただ、多くの人が申請していて、すぐに給付金を受けられない状況が続いています。

それでも内容を確認して自分が対象となるのであれば手続きをしておくことをおすすめします。

休業支援金・給付金は会社からの書類提出が必要なため、会社の協力が欠かせません。

協力が得られない場合の処置も決められています。

今すぐお金が欲しい人におすすめのカードローン会社3選

おすすめのカードローン会社3選

いろいろな手続きが面倒だけど今すぐお金が欲しい人はカードローン会社がおすすめです。

代表的な3社を紹介しましょう。

カードローンは気軽に借りられますが、利率が高いため返済が苦しくなることもあります。

返済計画を自分なりに考えておくことと、不要な借入は避けなければなりません。

おすすめカードローン会社
  1. プロミス
  2. アイフル
  3. アコム

プロミス

プロミス

プロミスはテレビでも宣伝していますから、名前は聞いたことがあるでしょう。

ノンバンクカードローン会社では2年連続の満足度1位です。

それだけ多くの人が利用しているのでしょう。

もちろん、借入のためには審査がありますし、限度額も決まっています。

自分の収入や資産に見合った借入を考えてください。

すべての手続きはWEBだけで完結しますから、手続きは非常に簡単です。

すでにカードを持っている人なら、いつでもATMを利用することができます。

アイフル

アイフル

最短で25分で融資可能と宣伝しているのがアイフルです。

新しくカードを作る場合にはある程度の日数が必要ですが、今すぐお金が欲しい人に対応した仕組みを取り入れているのです。

もちろん、所得照明などの収入額を示す書類が必要となりますから、事前に準備しておくことが条件です。

初めての利用なら30日間は無利息となっていますから、迷っている人には大きな魅力です。

今は必要なくても一度カードを作っておけば、いつでもコンビニなどのATMから現金を引き出せます。

アコム

アコム

どこのカードローン会社も短時間での審査、融資を宣伝しています。

アコムだけが特別ではありませんが、融資は24時間365日対応してもらえますし、引き出しはコンビニのATMを活用できます。

事前にカードを作っておくとすぐお金が欲しい場合には便利です。

初めての手続きもインターネットを活用できますし、スマホ用アプリも提供されています。

自分の収入額にも関係しますが、最高で800万円までの借入が可能です。

今すぐお金が欲しい方のための注意点

注意点

今すぐお金が欲しいと思っても、世の中には甘い話はありません。

借入先を確認した上で利用することが大切です。

貸付業者は利息によって経営が成り立っていますから、高い利息を取ろうと考えるからです。

悪徳業者や違法貸付はいつの時代でもなくなりません。

注意点
  1. ヤミ金からは借りないようにしよう
  2. 審査なし、即日入金の業者は違法
  3. 収入がない場合借入は難しい

ヤミ金からは借りないようにしよう

ヤミ金業者はすぐにお金を融通してくれるので便利だと思う人もいるかもしれません。

しかし、無審査であれば返済額が高くなると考えなければなりません。

法律が改正された後でも違法な利息を要求する業者はなくなっていません。

他から借りられなくなった人でも利用できると表現している時点で危ないと考えてください。

自分がお金に困っている状況に付け込まれないようにしましょう。

お金は必要ですが借りたお金はいずれ返さなければなりません。

インターネットで検索するとたくさんのヤミ金業者がヒットしますが、それらの会社は住所や連絡先が明確ではありません。

審査なし、即日入金の業者は違法

法律

一般的なカードローン会社の審査で落とされてしまう人は借りる先を探して、審査なしの業者を利用しようとするかもしれません。

しかし、審査なしと掲載している業者は間違いなくヤミ金業者です。

決して利用してはいけません。

審査があっても形式的なもので即日入金を宣伝している業者もいます。

貸付業者は利息によって経営が成り立っていますから、すぐに貸してくれるということは執拗な返済を迫られる危険性が高いと考えてください。

法律が制定されていても違法な業者はなくなりませんが、それは利用者がいるからです。

収入がない場合借入は難しい

借入は返済見込みがある人でなければ難しいと考えてください。

つまり収入がない人は借入できないのです。

そのような人を救済するために公的支援が行われています。

本当にお金に困っているのであれば、それらの利用を検討しましょう。

しかし、借入で状況がよくなるのは一時的に過ぎません。

苦し紛れに無理に借入をしようとすれば、毎月の返済で余計に苦しむことになるでしょう。

もちろん、今は収入がなくても積極的に求職活動をしている人は一定の条件をクリアすれば借入は可能です。

【まとめ】お金がすぐに欲しい場合はまず行動に移そう!

今すぐお金が欲しいと思うなら、なぜそのような状況になったかを冷静に考えなければなりません。

収入がないか、もしくは収入以上に支出があるはずです。無駄遣いをしなくても生活を維持する費用は発生します。

その分のお金は何らかの形で得なければならないのです。

今すぐお金が欲しい状況が翌月には解消するならば大きな問題ではありませんが、継続するなら早めに手を打つ必要があります。

これまでの生活を改めるだけではなく、新しい仕事を見つける努力も大切でしょう。