タマホームの評判・口コミは悪い?実際に家を建てた人の本音とメリット・デメリット

20代の若い世代で夢のマイホームを持ちたいと考えている方は、「タマホーム」を検討している人も多いのではないでしょうか?

ローコストで家を建てることができるのに高品質な住宅を実現しているのがタマホーム最大の売りです!

ただ、ネット上で「タマホーム」を検索してみると「やばい」「ひどい」「欠陥住宅」などネガティブなワードが並ぶので不安になってしまう人も多いはず。

タマホーム 検索結果

そこで今回は、ネット上で悪評が目立つタマホームの評判・口コミついて調査したのでその内容からわかるタマホームのメリット・デメリットを解説していきます!

記事を読めば、タマホームで家を建てた方が良い人の特徴がわかるのでハウスメーカー選びの参考にしてください!

タマホームをまとめると
  • タマホームはなるべく費用を抑えた上で高品質な住宅が欲しい人におすすめのハウスメーカー
  • 標準装備で長期優良住宅に対応しており、震度7の地震にも耐える耐震性抜群の住宅が建築できる!
  • 坪単価も40万〜70万円と大手と比べても安く、1,000万円台で家を建てることも可能!
  • ただネット上では担当者や、下請け施工会社の質が悪い、アフターフォローの対応が遅いと悪評も目立つ
  • しかし、家を建てるにあたって必要な設備や10年・60年の長期保証など必要なものはしっかりしている!
  • ハウスメーカーは一社に絞るのではく、複数社を比較して自分に合った会社をみつることが重要!

タマホームとは?20代でも家を建てやすいローコスト住宅の王様

タマホーム 公式サイト

出典:タマホーム

基本情報 概要
坪単価 40万円〜70万円
参考価格1,200万円
長期優良住宅 対応
補償制度 地盤保証制度/住宅瑕疵担保責任保険/
シロアリ10年補償/最長60年長期保証・点検
工法 木造軸組在来工法
等級 耐震等級3/断熱等性能等級4
受注棟数 12,324棟
(2021年5⽉期)
施工エリア 全国(一部離島を除く)

タマホームとは、20代でもマイホームを持てるようなローコスト住宅が売りの大手ハウスメーカーです。

主力商品である「大安心の家」は、坪単価30万円〜建てることも可能なことから若年層はもちろん、幅広い世代から人気なので「なるべく費用を抑えた家を建てたい」と考えている人におすすめできるハウスメーカーと言えます。

タマホームは住宅に必要な設備が標準装備となっているので、住宅に関する知識がなくても安心して任せられるのも魅力のひとつです。

さらに、タマホームは1997年設立以降様々な賞を獲得しており、実績も豊富です!

タマホームがこれまでに獲得した賞
  1. 2010年度|「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2010」優秀賞受賞
  2. 2012年度|第6回「市川市景観賞」を受賞
  3. 2013年度|「グッドデザイン賞」5件、「木づかい運動感謝状」を授受
  4. 2015年度|第12回エコプロダクツ大賞「環境大臣賞」受賞
  5. 2016年度|「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016」優秀賞受賞
  6. 2016年度|「緑の募金感謝状」受賞
  7. 2017年度|「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017」優秀賞・貢献賞・優秀企業賞を受賞
  8. 2017年度|「ウッドデザイン賞2018」受賞
  9. 2018年度|「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018」優秀賞・優秀企業賞を受賞
  10. 2019年度|「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞・特別優秀企業賞を受賞

タマホームで実際に家を建てた人の評判・口コミ

タマホーム 評判 口コミ SNS
実際にタマホームで家を建てた人の口コミ・評判には良い内容のものが多いです。

しかし、反対に悪い評判・口コミも良い内容と同じくらいありましたので、編集部で調査した内容の一部を紹介していきます。

これからタマホームで家を建てようと考えている人は参考にしてみてください!

タマホームで実際に住を建てた人の良い評判・口コミ

実際にタマホームで家を建てた人の良い評判・口コミをまとめると

  • 担当者さんに資金計画やら土地やらも相談に乗ってくれて信頼できました!
  • 他社と比較してもタマホームは安い!
  • 安いだけじゃなく、自信にも強いので安心できた!

タマホームが売りに出している「安さ」を実感する人が多く、他にも住宅の品質。

特に、耐震性についての意見が多いですね!

タマホームの耐震等級は3なので、長期優良住宅の基準も満たしているのも評価できるポイントです!

反対に悪い評判・口コミはどのような内容があるのかみていきましょう。

タマホームで実際に住を建てた人の悪い評判・口コミ

実際にタマホームで家を建てた人の悪い評判・口コミを編集部で調査したところ以下の内容が多くあり目立ちました。

  • タマホームで家を建てるような人は地方が多いのでは?(CMが田舎のため)
  • 自由な間取り設計だけど初心者に任せっきりはありえない
  • 工事トラブルがあり、営業マンの裏表が激しい

次のデメリット(注意点)でも紹介しますが、施工は下請け会社が行っているため、「質」に差が出るようです。

また、営業マンや担当者も質は担保されていないのも留意点のひとつと言えますね。

もっとも多いレビューが、CMに出てくる家よりも周りの風景が田舎すぎるといった内容が多く、都心部で暮らす人たちは対象外のように感じてしまう人が多いようです。

タマホームで家を建てるメリット

タマホーム 評判 口コミ メリット
タマホームのようなハウスメーカーは、いくつも存在しますが、その中でタマホームで家を建てるメリットには何があるのか?を次の章で解説していきます。

今回紹介するメリットは以下の通りです。

  • 坪単価:40万〜60万前後でマイホームを手に入れられる
  • 自由設計となっており、経験実績がある担当者が最適なプランを提案してくれる!
  • 日本に適した「木造軸組在来工法」を採用している
  • 4つの技術で耐震性にかなり優れている
  • 断熱等性能等級4を取得しているので断熱性・気密性も高い
  • 3つの10年保証と最長60年の保証・アフターサービスがすごい!

坪単価:40万〜60万前後でマイホームを手に入れられる

タマホームで家を建てる最大のメリットが坪単価40万円〜60万円前後のローコストかつ、立派な家を建てられることです。

すまいValueは30坪の土地であれば、1100万円〜1600万円前後でマイホームを手に入れることができる計算になります!

ローコストであれば、住宅ローンなど月々の返済負担が軽減することができ、他社で家を建てた場合と比較して破産のリスクも同時に減少します。

そのため、タマホームは20代など若い世代の方からも人気のハウスメーカーなので、

早いうちにマイホームを手に入れたい

と考えている方は一度展示場に予約して実際に自身の目でモデルハウスを見てみると良いでしょう。

自由設計となっており、経験実績がある担当者が最適なプランを提案してくれる!

ローコスト住宅のほとんどは間取りがある程度決められており、理想の部屋を設計することが難しいケースが多いです。

タマホームで家を建てる場合、多少制限はありますが、自身で自由に間取りを決めることができることがメリットです。

しかし、自由な間取りと言っても初心者が設計した間取りで建設するといざ居住した時に後悔する可能性が高いです。

タマホームでは経験豊富な担当者が、家族構成やライフスタイルと理想の暮らしを徹底的にヒアリングし、建築予定地周辺の環境や敷地調査の結果から最適なデザインプランを提案してくれるので安心ですね!

日本に適した「木造軸組在来工法」を採用している

タマホームで家を建てるメリットには工法が「木造軸組在来工法」を採用している点です。

木造軸組在来工法とは、日本で長く最も普及している工法のひとつで、使用している木材は乾燥させた後でも、温度や湿度の環境変化に合わせて呼吸を続けるのが特徴です。

春夏秋冬と四季がある日本には、この調湿機能を持った木材が最適と考えられており、柱と梁で構成されるこの工法は、「設計自由度が高い」です。

この伝統的な広報と現代の高い建築技術、タマホーム独自の木材流通・品質管理システムが合わさることで、高性能な住宅建てることができます!

4つの技術で耐震性にかなり優れている


タマホームは震度7の地震に耐える家を実験から実現することが可能になりました。

そのため、長期優良住宅の条件になっている耐震等級2のさらに上。

最高ランクの「耐震等級3」を基本としているので地震の多い日本では安心して家を建てることができます!

また、前述で紹介した木造軸組在来工法の他にも、従来より湿気対策に優れている「ベタ基礎工法」、徹底した「地盤調査」、大震災を想定した「実大振動実験」と耐震に関してかなり力を入れているのがタマホームの魅力です!

断熱等性能等級4を取得しているので断熱性・気密性も高い

タマホーム 断熱性 仕組み
出典:タマホーム|保証とサポート

耐震性の他にもタマホームは断熱・気密性にも優れており断熱等性能等級4(最高ランク)を取得しています。

また、独自の施工から断熱材に隙間がなく、外気の影響がない室内にすることができ、冷暖房の効率も上がるので電気代の節約にも繋がります。

さらに、ガラスは複層ガラスを採用しているので室内の温度を外気に漏らすこともなく、加工部からも熱が逃げるのを抑えることが可能です。

これらのことから、夏は涼しく冬は暖かい家を実現しているのがタマホームのメリットです!

3つの10年保証と最長60年の保証・アフターサービスがすごい!

タマホームで家を建てる際にオーナーの方が不安になりがちなのが、「こんなに安いけど保証やアフターサービスは大丈夫?」ということです。

実際にタマホームの保証とアフターサービスについて簡単にまとめたので確認してみましょう!

保証制度一覧 保証内容
地盤保証制度
(期間:10年)
地盤調査と基礎補強工事から地盤改良工事、引き渡し後10年間地盤沈下等のトラブルにも対応。大手損害保険会社の地盤保証も行っている。
住宅瑕疵担保責任保険
(期間:10年)
家の構造で重要な箇所や雨水の侵入を防ぐ外壁などの保証。瑕疵が判明した際、保険金から補修費用が支払われる。
シロアリ被害10年補償 シロアリが発生した際に支払われる費用
最長60年間の長期保証と点検 引き渡し後3ヶ月・半年・1年・2年・5年・10年(その後は5年おき)に点検を実施。メンテナンスを受けると保証期間は最大60年。

上記保証制度をみると、家が安いからと言ってアフターフォローが疎かになっているということはないので安心していただければと思います!

むしろ10年保証、長期60年保証、点検とタマホームで家を建てた後も住宅のことで相談できるのは強みと言えます!

タマホームで家を建てるデメリット(注意点)

タマホーム 評判 口コミ デメリット
タマホームのメリットを前述で紹介してきましたが、反対にデメリットや注意点にはどういった内容があるのかをTwitterのレビューから以下の章で解説していきます。

今回紹介するデメリットは以下の通りです。

  • 担当者の質にばらつきがある
  • 施工品質が下請け会社に左右されてしまう
  • アフターサービスの対応が遅いというレビューも
  • 設計図通りに家を建ててくれないなどトラブルもある

タマホームで家を建てようと考えている人はこちらの内容をしっかり読んでおきましょう!

担当者の質にばらつきがある


タマホームのデメリットや注意点を調査したところ、多くの人が「担当者の対応が人によって異なる」という意見が多くみられました。

これはタマホームに限った話ではありませんが、全国展開するような大手企業のサービスの質にはムラがつきものです。

丁寧な対応をしてくれる人もいれば、雑な対応をしてしまう人もいるので、担当者に不安を感じた場合は変更してもらうなどして対策しましょう!

施工品質が下請け会社に左右されてしまう


タマホームは施工において下請け会社に丸投げしているため起きてしまうトラブルのひとつです。

オーナーは営業担当者や間取り・プランなど納得してから契約を決める流れになっているのですが、施工する下請け会社の質に関しては契約前に確認することができません。

もちろんタマホームでトラブルがないケースもあれば、問題がある家になってしまうこともあるようなのでこの点は注意してください。

アフターサービスの対応が遅いというレビューも


編集部でタマホームのレビューを調査していてよく目にしたのがアフターサービスの対応が遅すぎるということがわかりました。

例えば「修理依頼をしたが延期に延長を重ね4ヶ月伸ばされた」「1年前に不具合箇所の見積もり依頼したが1年間も音沙汰なし」など

これが実際に本当だとすれば非常に残念ですね。

前述で紹介した保証は確実使えるものなので連絡を取り合ってくれない場合はこちらから何度も連絡するしかなさそうです。

設計図通りに家を建ててくれないなどトラブルもある


こちらもレビューからの引用になりますが、タマホームで家を建てる際に間取り通りに建設してくれないという内容がありました。

こちらのツイートは2015年と今から6年前の話にはなるので現在こういったトラブルがあるかどうかは確認できませんでした。

ただ、タマホームで家を建てようと考えている方は建設現場に赴いて確認しながら作業してもらう方が良いでしょう。

タマホームで家を建てるメリット・デメリット まとめ

タマホーム 評判 口コミ メリット デメリット まとめ
タマホームで家を建てるメリット・デメリットを紹介してきましたが、ここで一旦まとめてみましょう。

タマホームで家を建てるメリット・デメリット
【タマホームで家を建てるメリット】

  • 坪単価:40万〜60万前後でマイホームを手に入れられる
  • 自由設計となっており、経験実績がある担当者が最適なプランを提案してくれる!
  • 日本に適した「木造軸組在来工法」を採用している
  • 4つの技術で耐震性にかなり優れている
  • 断熱等性能等級4を取得しているので断熱性・気密性も高い
  • 3つの10年保証と最長60年の保証・アフターサービスがすごい!

【タマホームで家を建てるデメリット(注意点)】

  • 担当者の質にばらつきがある
  • 施工品質が下請け会社に左右されてしまう
  • アフターサービスの対応が遅いというレビューも
  • 設計図通りに家を建ててくれないなどトラブルもある

タマホームの商品ラインナップ

タマホーム 評判 口コミ 商品ラインナップ
ここまでタマホームのサービス内容や特徴を中心に紹介してきましたが、具体的にどういった住宅を建てることが可能なのか?について解説していきます。

今回紹介する住宅ラインナップは以下の4つです!

  • ベストセラー商品「大安心の家」
  • グレードアップされた「大安心の家PREMIUM」
  • 都心部向け3階建ての「木望の家」
  • ガレージと平家を融合した「GALLERIART」(ガレリアート)」

人気商品から都心部向けの商品など幅広いので、各種特徴をわかりやすくまとめているのでぜひ参考にしてください!

ベストセラー商品「大安心の家」

タマホーム 大安心の家
出典:タマホーム|大安心の家
タマホームのベストセラー商品「大安心の家」は屋根材や外壁材、玄関ドアなど色や形を豊富なバリエーションから自由に選ぶことができる人気商品です。

コストはしっかり抑えられているのに、高品質の住宅を実現しています。

もちろん、長期優良住宅にも対応しており、オール電化、システムキッチンなど毎日の生活をより良くするための最新システムが導入されています。

グレードアップされた「大安心の家PREMIUM」

タマホーム 大安心の家PREMIUM
出典:タマホーム|大安心の家PREMIUM
大安心の家のグレードアップ商品「大安心の家PREMIUM」は、コストはしっかり抑えながら、品質とデザインがより洗練されており、重厚感・上質感を作り上げた住宅です。

サッシの内法高・部屋の天井・屋外の軒天井のラインを揃えることにより部屋の広さを大安心の家より実感できます。

窓の広さを大きめに確保(ハイ&ワイドサッシ採用)しており、採光性や通風、眺望よりよくなっているので外観もかなりおしゃれなデザインになっています。

大安心の家PREMIUMに向いている人の特徴としては、「ホテルような空間にしたい」「対面キッチンが良い」「パーティールームが欲しい」このような人は大安心の家PREMIUMがおすすめです!

都心部向け3階建ての「木望の家」

タマホーム 木望の家
出典:タマホーム|木望の家
タマホームの「木望の家」は3階建の住宅になっており、土地が狭くなりがちな都心部でおすすめできる商品です。

住宅密集地でも3階建であれば、日差しや風通しの良さを確保することができるようになっています。

もちろん長期優良住宅対応で3階建でも安心な耐震等級3が割り当てられているので災害にも強いのが木望の家の魅力。

また、熟練の担当者が間取りやデザインを提案してくれるのでうまく活用すれば長く住める住宅を建てることができます!

ガレージと平家を融合した「GALLERIART(ガレリアート)」

タマホーム GALLERIART
出典:タマホーム|GALLERIART
GALLERIART(ガレリアート)」はガレージと平家が融合したタマホームの平家住宅になる商品です!

ガレリアートは、リビングダイニング、和室、デッキ、坪庭、ガレージが繋がっており、平家のデメリットが解消された家になっています。

という方におすすめでき、車やバイクはもちろん音楽や陶芸など、創作活動を楽しむことができるので、「「平家でも自分の趣味を楽しみたい!」という方におすすめです!

タマホームで家を建てる際の流れ

タマホーム 評判 口コミ 使い方
では実際にタマホームで家を建てる際の流れについて次の章で詳しく紹介していきます。

タマホームで住宅建設を依頼した場合にかかる大枠の流れとしては以下の通りです。

  • 建築相談~契約
  • 図面決定~地盤調査
  • 着工~入居

STEP1 建築相談と住宅ローン事前審査

タマホームは全国に200店舗以上を構える大手ハウスメーカーなので、まずは相談しに行くことから家づくりが始まります。

もちろん電話やネットでの相談も受け付けているので時間に余裕のない方はこちらを利用してください。

同時に「住宅ローンの事前審査」もこの段階で進めておきましょう!

営業担当者が事前審査のお手伝いもしてくれます!

STEP2 敷地調査とプランニング

建築予定地に役所調査・測量調査などの綿密な調査が行われます。

その結果から経験豊富の担当者がライフスタイルに合わせた住宅プランを提案してくれる流れになっています。

具体的には外観と間取り図、外壁から屋根材等のエクステリア、内装建具、水まわりの設備など詳しく提案してくれるのである程度完成イメージがここでわかるでしょう!

設備や仕様についてはショールームで現物を確認できます。
(※構造見学会・完成見学会などは実際の建築現場で確認可能)

STEP3 概算資金計画書・見積書の提出をし契約

提案されたプランから概算資金計画書を作成し提出。
ここで資金計画と返済計画のアドバイスももらえます。

住宅本体価格以外にかかる諸費用や気になる税金等、項目ごとに細かく担当者が説明知ってくれます。

そしてプランが確定したのち見積書をタマホームに提出し、契約が決まります!

STEP4 最終図面・内部仕様の確定

ここで間取りや配置、窓の大きさから位置までを確定させた最終図面を確定させます。

同時に内装・設備・電気関係を最終図面を基にオーナー・営業担当者・工務担当者の3者で最終打合せを行い決定させます。

また、融資の本申し込みや建築確認申請などの様々な手続きを、タマホームが代理で申請するので覚えておきましょう!

STEP5 地盤調査後着工開始

着工開始の前に地盤調査をスウェーデン式サウンディング試験を用いて行い、必要に応じて補強工事を実施し、完了することで着工開始です。

着工が始まると配筋検査が行われ、基礎工事が始まります。

柱や梁が組上がった際に「躯体検査」→「防水工事」→「防水検査」→「外装・内装工事」→「完了検査」→「施主の立ち会い検査」と順序で進んでいきます。

STEP6 引き渡し・アフターメンテナンス

住宅が完成したら引き渡しを行い、晴れて理想のマイホームでの生活が始まります!

前述で紹介した10年保証・長期保証を活用しながら、マイホームのアフターメンテナンスを行いましょう!

まとめ

タマホーム 評判 口コミ まとめ
タマホームは大手ハウスメーカーの中では若い方の会社になり、最大の売りはローコスト住宅で高品質な住宅を実現していることです。

そのため、20代の若い世代から支持が厚いのが客層の特徴です。

標準装備で長期優良住宅の条件を満たしていたり、自由設計の間取りなどメリットも非常に多いです!

実際にタマホームで家を建て人の評判・口コミを見てわかるのが、納得する人もいれば、そうでない人もいることです。

ハウスメーカーはその特徴を理解し、自身の作りたい家とマッチしているかで選ぶのが重要ということがよくわかりますね!