【2021年最新】ファクタリングのおすすめ会社9選!気になる会社の選び方とは

資金繰りをなんとかしたいという方にとって、ファクタリングはとても便利な資金調達方法です。

たとえ赤字であったとしても受けることができる数少ない資金調達方法です。

ここでは、ファクタリングの基本的な仕組みから、総合力の高いおすすめのファクタリング会社までご紹介いたします。

ご自分にあった会社を見つけて利用してみましょう。

おすすめのファクタリング|ざっくりいうと

ファクタリング

  • ファクタリングの会社によって、2社間または3社間など取り扱いが違う
  • ファクタリングは資金調達の方法として法人やフリーランスからも人気
  • 最短入金や手数料などは会社によって違う
  • 会社を選ぶときは、手数料や最短入金、評判などから自分にあった会社を選ぶのが大切!

ファクタリングをおさらい

ファクタリングをおさらい

ファクタリングとはどのようなものなのか詳しく知っておかなければ、会社を決める際に、自社の条件に合ったファクタリング会社を適切に選ぶことが難しいです。

この記事では、ファクタリングがどういった仕組みをおさらいしましょう。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業から売掛債権を購入し、購入者は売掛債権の管理や回収をおこない資金調達することができる金融サービスの1つです。

赤字がある方や債務返済をすることができないといった借金がある人でも利用することができるシステムなので、幅広い方が利用することができます。

ファクタリングは融資を受けることができるため、資金調達方法では比較的新しい方法として現在注目されています。

ファクタリングの仕組み

light

ファクタリングの仕組みとは、自社の債権を会社に譲渡し、債権の数だけ資金を調達することができる資金調達方法の1つです。

申し込みはインターネット、電話、来店など会社ごとに違います。

審査方法は法人登記情報、帝国データバンクのデータバンク照会などをしてどのような会社なのかといった様々な事項で検討されます。

検討して承認されれば、契約成立し手数料などが差し引かれた代金が口座まで振り込まれます。

おすすめのファクタリング会社9選

おすすめのファクタリング会社9選

ファクタリングを始める際にどの会社を選択して始めればいいのかわからないですよね。

それぞれ会社ごとに特徴が違い入金スピードや手数料は違います。

ここではおすすめのファクタリング会社10選を紹介し、始める際にどこの会社で始めるのかという参考にしてください。

フィクタリング会社
  1. 三共サービス
  2. ビートレーディング
  3. ベストファクター
  4. トップ・マネジメント
  5. anew
  6. GMO BtoB早払い
  7. 日本中小企業金融サポート機構
  8. マネーフォワード アーリーペイメント
  9. アクセルファクター

三共サービス

三共サービス

会社名 株式会社三共サービス
取り扱いファクタリング
2社間、3社間ファクタリング
対象者 法人
買取可能額 500万円
手数料 1%から
最短入金 30分
評価ポイント
  1. 1円でも安い手数料で対応
  2. 即日審査をしてくれる
  3. オンラインで対応してくれる

三共サービスでは、1円でも安い手数料で資金をお届けすることを目標としています。

そのため、手数料は1%から10%に設定されています。

もちろん、実際に1%にするためには、高い信頼を得る必要性があります。

債権がどれほどの価値があるのかといった様々な情報から審査します。

審査通過のパーセンテージは、83%と高い通過率で多くの方にファクタリングを受けていただけるようになっています。

審査は即日から審査を受けることができ、最短30分で振り込みをしてくれます。

またオンラインで申請することができ、どこからでも審査を受けることができるため、あらゆる場面で資金調達が必要となった際に使用するといいでしょう。

ビートレーディング

ビートレーディング

会社名 株式会社ビートレーディング
取り扱いファクタリング 2社間、3社間ファクタリング
対象者 法人
買取可能額 7億円
手数料 2%から
最短入金 最短12時間
評価ポイント
  1. 審査から最短12時間で融資を受けることができる
  2. 審査通過率は98%
  3. 10万円から7億円まで対応可能

ビートレーディングでは、審査をしてから最短30分で結果が出るので、平日であれば即日対応してくれます。

審査を受けて通過したのちに融資を受けることができるのは、最短12時間です。

審査から現金はわずか1日で受け取ることができるので、資金を急に集めなければならなくなった場合にもおすすめです。

審査通過率は98%と高い確率で審査が通るため、資料に不備や危険だと判断される基準が他社よりもハードルが低く融資を受けやすいです。

また資金は、少額10万円から7億円までと融資額の幅が広いのも特徴的です。

多くの企業が必要とする資金額のおおよそをカバーしてくれているため、即日資金を受け取ることが他社と比べて融資が受けやすく資金を受け取りやすいです。

ベストファクター

ベストファクター

会社名
Best Factor
取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
対象者 法人
買取可能額 296万円
手数料 2%から
最短入金 最短即日
評価ポイント
  1. 銀行での融資が受けられない会社でも資金を受けることができる
  2. 担保や保証人が必要ではない
  3. 来店せずに審査から融資まで受けることができる

ファクタリングは売掛金の買取サービスなので、融資を受けることができない企業であったとしても資金調達を受けられます。

担保や保証人といったものも必要ではないので、銀行で融資を受けられないだけでなく担保がない状態であったとしても融資を受ける対象になります。

また来店せずに審査から融資まで受けることができ、最短1日で申請、審査、融資金を受け取りまで受け取ることができ、急な資金が必要な際にも大変便利です。

業績不振で納税することができないといった事態でも受けることができるので、資金に困った際にはベストファクターに申請してみてはいかがでしょうか。

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント

会社名 株式会社トップ・マネジメント
取り扱いファクタリング 2社間、3社間ファクタリング
対象者 法人、個人事業主
買取可能額
1億円
手数料 0.5%から
最短入金 最短即日
評価ポイント
  1. 個人事業主でもファクタリングできる
  2. 事務手数料は無料
  3. 最低30万円から貸出可能

日本の企業が起業してから5年で残る企業の割合は約42%の企業といわれていて、およそ6割の企業は5年以内に倒産してしまいます。

トップ・マネジメントでは、中小企業を中心に小口で資金を必要としている企業に対して融資してくれます。

トップ・マネジメントでは、個人事業主から受けることができます。

5年以内に倒産してしまう企業は6割と法人や個人事業主の企業も多くファクタリングが必要となるケースが多くあります。

また融資額も最低30万円からと借金の返済や少額の資金が必要となった際にも気軽にファクタリングを受けることができるため、少額から融資を受けることができる便利な会社です。

anew

anew

会社名 新生銀行とOLTA
取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
対象者 法人
買取可能額 上限なし
手数料 2%から
最短入金 最短24時間
評価ポイント
  1. 取扱資金に上限と下限がない
  2. 24時間いつでも申請受付可能
  3. 手続きが簡単にできる

anewでは、法人をターゲットとした会社として原則としては2社間ファクタリングを対象としています。

Anewでは、24時間いつでも申請をすることができ、ネットで申請を出すことができるため、融資を突然受けなければならない場合や融資を受けるか社内で会議をするなどして検討している時間が長引いた場合でもいつでも申請することができます。

またオンラインでの申請や2社間ファクタリングなため、周りの企業や取引先の企業に知られる心配もなく融資を受けることができます。

また取扱資金は、上限や下限設定がなく必要な資金を申請して受けることができ、手数料も2%からと低水準なので融資を受けるハードルが低く必要な際に受けられやすいです。

GMO BtoB早払い

GMO BtoB早払い

会社名
GMOインターネット株式会社
取り扱いファクタリング 2社間、3社間ファクタリング
対象者 法人
買取可能額 上限1億円
手数料 1%から
最短入金 2日
評価ポイント
  1. 手数料は1%から
  2. リピート率は86%
  3. 100万円から1億円まで融資を受けることができる

GMO BtoB早払いは、手数料が1%から融資を受けることができます。

コストを少なく受けることができ、手数料の低さからリピート率は86%と高い評価を得ています。

融資金額が100万円から1億円と幅広く融資を受けることができ、必要な融資額を柔軟に受けることができるようになっています。

また2回目以降に融資を受ける場合、以前の買取内で受けた融資額であれば繰り返し融資を受けることができ、融資が必要な際にいつでも受けることができます。

GMO BtoB早払いは一部上場企業のサービスなので、高い信頼性があります。

また対面サポートやファイナンス業務を専業の担当者がサポートしてくれるので、疑問や聞きたいことがあれば対応してくれるサポートにも力を入れています。

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構

会社名 日本中小企業金融サポート機構
取り扱いファクタリング
2社間、3社間ファクタリング
対象者 法人、個人事業主
買取可能額 上限数百万円
手数料 1.5%から
最短入金 最短即日
評価ポイント
  1. 手数料は1.5%から
  2. 審査通過率は95%
  3. 審査結果は最短30分

日本中小企業金融サポート機構は、手数料が1.5%から受けることができ低コストでファクタリングをしたいという方にはおすすめの会社です。

他社よりも低コストで受けることができ、審査は最短30分で受けることができ、さらには審査通過率が95%以上と高く、即日入金されます。

また個人事業主でもファクタリングを受けることができ、企業だけでなく個人でも融資を受けられるメリットがあります。

審査に必要な書類も4点でよく、申込書、過去3ヶ月の通帳のコピー、売掛金がわかる請求書や契約書、代表者の身分証明書で対面せずに郵送などで申請することで審査を受けることができます。

また公式ページでは、いつでも無料見積もりを受けることができ、自社の資金調整をサポートしてくれます。

マネーフォワードアーリーペイメント

マネーフォワード アーリーペイメント

会社名 マネーフォワードケッサイ株式会社
取り扱いファクタリング
2社間ファクタリング
対象者 法人
買取可能額 上限数億円
手数料 1%
最短入金 最短5日
評価ポイント
  1. 赤字決算でも取扱可能
  2. 上限数億円を受けることができる
  3. 2回目以降資金を受けるまで早くなる

マネーフォワードアーリーペイメントは、融資金額が中程度から大までと資金の範囲が上限数億円まで受けることができ、赤字決算でも取扱をしてくれます。

数百万円から1億円までと大きな額を取り扱っているため、審査から入金までには少し時間がかかりますが、大きな資金を受けることができるのが最大のメリットの一つです。

初回の融資を受けるには最短5日間かかりますが、2回目以降の融資は2日で受けることができ、審査が早くなります。

リピートしてファクタリングを受けることができ、複数回ファクタリングを検討している際にはおすすめです。

アクセルファクター

アクセルファクター

会社名 株式会社アクセルファクター
取り扱いファクタリング
2社間ファクタリング
対象者 法人
買取可能額 1億円
手数料 2%から
最短入金 最短即日
評価ポイント
  1. 1億円まで融資可能
  2. 手数料は2%
  3. 契約方法が4つある

創業して間もないといった理由で銀行から融資を断られたことや、従業員の給料が支払うことができないといったこと、設備投資をしたいけれども資金が足りないといった事態の悩みを抱えている中小企業の経営者を中心にターゲットにしている企業です。

1億円まで融資可能で、手数料も2%からと高い融資金額と低い手数料で資金を受けることができます。

契約方法は、郵送、オンライン、出張、来店と4つの契約方法があり、対面して話したい際は出張や来店で契約をすることや早く融資を受けたい際はオンラインと契約方法が複数あるので、自社にあった方法で契約することがおすすめです。

また事業契約書などが不要なため銀行で融資を受ける際に必要な事前資料をファクタリングでは必要としないです。

ファクタリング会社のおすすめな選び方

おすすめファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社を選ぶ際どこを基準に選べばいいのかよくわからないですよね。

会社の選び方は、自社にぴったりな条件を満たしているファクタリング会社を選んでいただきたいです。

ここではおすすめのファクタリング会社の選び方として、手数料、評判や口コミ、入金スピード、審査の4項目に注目して検討し、会社の選び方を見ていきましょう。

  1. 手数料で選ぶ
  2. 評判や口コミで選ぶ
  3. 入金スピードで選ぶ
  4. 審査で選ぶ

選び方①|手数料で選ぶ

cost

ファクタリングの手数料とは、自社から買った債券がファクタリング会社にとってどの程度のリスクがあるのかという債権回収リスクがどの程度かにより手数料が変化します。

信頼度が高い会社や安全性の高い売掛債権といった安全性が高いと判断されると、ファクタリングの手数料は安くなりコストが少なくなります。

安全性が高い会社と判断されれば手数料は安くなり、危険性が増すごとに手数料は高くなります。

ただしあまりにも安い手数料の場合貸金業の方に触れる可能性があるので、他社と比較して申請するようにしてください。

選び方②|評判や口コミで選ぶ

利用者からの評価や口コミが高いというのは、利用された方からの声なので信頼性の高い情報としてファクタリングだけでなく多く分野で利用されています。

各企業では信頼性の高い情報を発表していますが、実際に使用した方がどのような評価を下しているのかはわかりません。

条件はよかったとしても、実際に使用した方の評判や口コミをみると自社に合っているファクタリングなのか、自社には合っていないのかを判別しやすいです。

選び方③|入金スピードで選ぶ

speed

資金調達は、早く資金調達を受けたいと思っている場合や入金が時間との戦いとなっている際に、入金スピードの速さが重要です。

入金スピードが他の資金調達方法と比較して速いことが多いです。

例えば2社ファクタリングの際は、早くて即日から遅くて1週間程度振り込まれます。

入金スピードを求める際は、どの会社が早く入金してくれるのか、実際にファクタリング会社に事前に確認しておくと良いでしょう。

選び方④|審査で選ぶ

ファクタリング会社では、どれほど自社が信頼することができるのか様々な情報を得て審査します。

債権は、どのような売掛金の種類なのか、二重譲渡としていないか、架空のものではないか、差し押さえの心配がないか審査対象として調べます。

また本人確認、決算書、納税証明書、売掛金を証明できるものの4点を提出することを求められます。

個人情報や債権がどのような状態のものなのかを調べ検討する会社が多いです。

2社間ファクタリング会社を利用する流れ

2社間ファクタリング会社を利用する流れ

2社間のファクタリングとは基本的にファクタリング会社に債権を譲渡、売掛相当額の現金を会社から譲渡、取引先から売掛金の支払い、自社から会社に対して取引先から支払われた現金を支払う4手順です。

申請から調達する資金の支払いまでは、即日から1週間前後で資金を調達することができます。

ファクタリング会社に依頼する流れ

STEP.1
申し込み
代表者身分証明書、債権など各会社の提出しなければならない資料を提出する。
STEP.2
審査
自社が提出した資料をもとに審査される。
STEP.3
買取額決定、同意
ファクタリング会社が算出した額が伝えられ同意する。
STEP.4
契約
ファクタリング会社が出した見積もりをもとにした契約書にサインする。
STEP.5
債権譲渡登記を行う
債権譲渡登記をすると第三者の立証がしやすくなります。
STEP.6
依頼者が売掛金を入金
契約で決めた売掛金を入金する。
STEP.7
担保掛目が入金される
債券の信頼度に応じた額のお金が入金される。

ファクタリング会社に申し込みして、身分証明書や納税証明書、決算書といった自社がどのような会社なのかを示すもの添えて申請します。

身分証明書や納税証明書、決済書に加え自社の債権を審査にかけます。

審査後債券の額に応じて取引額を決定し同意します。

同意した内容を契約書で契約し、サインすることで合意されます。

ここまでは時間がかかるケースはありますが、これ以降はスムーズに進むケースが多いです。

債権譲渡登記を行う、債務者以外の第三者に対抗するためにします。

これが終了するとファクタリング会社に依頼者が売掛金を入金し担保掛目が入金されて資金を調達することができます。

申請から資金を受け取るまでは即日から1週間程度と申し込み方法や各会社により時間はかわります。

おすすめファクタリング会社|まとめ

ファクタリングは会社により上限や融資時間が変わります。

即日入金や手数料、受けることができる上限資金など各分野でどこを基準に選べばいいのかこの記事を読むまでわからなかったのではないでしょうか。

この記事にはファクタリングの重要な部分が書かれていますので、熟読して契約してみてはいかがでしょうか。