リップル(XRP)のレバレッジができる取引所8選|手数料や注意点なども解説!

リップル レバレッジ

リップル(XRP)のレバレッジができる取引所が知りたい…!

手数料が安いリップル(XRP)の取引所は?

仮想通貨として人気が高くなってきているリップルですが、どのような取引をすればいいのでしょうか。

大きな利益を得たいならレバレッジ取引です。

リップル(XRP)を購入する目的は儲けたいからですが、レバレッジ取引の仕組みを理解することが重要です。

また、仮想通貨はリップル以外にもたくさんありますし、一般の通貨もレバレッジ取引が当たり前となっています。

レバレッジ取引が注目されている理由やリップルの魅力を紹介しましょう。

レバレッジ取引は少ない資金で利益を出しやすい点が大きなメリットです。

初心者でも気軽に始められます。

ざっくりいうと

xrp

  • 国内の取引所のレバレッジ倍率は、最大でも2倍に規制されている!
  • ハイレバレッジで取引をしたい方は、海外取引所がおすすめ!最大で100倍でも取引が可能!
  • リップル(XRP)は、ボラティリティが激しいためハイレバレッジの際のリスク管理は必須!
  • リップル(XRP)はボラリティがあるからこそ、レバレッジ取引で大きく設けられるチャンスがある!

リップル(XRP)のレバレッジは儲かる?

レバレッジは儲かる?

リップル(XRP)のレバレッジは儲かるのでしょうか。

仮想通貨に限らず為替取引は儲かる時もありますが、同時に損をしてしまうリスクがあります。

つまり、相場の変動に合わせてタイミングよく売買するスキルが求められるのです。

レバレッジは自己資金の数倍の取引が可能ですから利益は大きくなりますが、損失が出そうになると強制的に決済されます。

ただ、自己資金以上の損失は出ませんから、借金だけが残ってしまうような状況にはなりません。

人気が高いリップル(XRP)ですが、世界中の人が取引をしていますから、世界経済や政治的な状況によって相場が大きく変動します。

そのタイミングをしっかりと見極めることが利益確保につながります。

リップルの特徴や将来性を徹底解説!
以下の記事ではリップルの将来性について解説すると共に、リアルタイムチャートを掲載しています。リップルを買うタイミングを見計らっているという方は、購入前に一度ご覧ください。 リップル やばい 【2021年9月最新】リップル(Ripple, XRP)はやばい?将来性や今後の見通し徹底解説!

リップル(XRP)のレバレッジ取引ができる国内取引所5選

国内取引所5選

リップル(XRP)のレバレッジ取引を始めるなら、まずは取引所を選ばなければなりません。

取引所によって手数料やレバレッジの倍率は異なります。

つまり、取引所によって利益率も変わってくると考えなければなりません。

代表的な国内の取引所を紹介しましょう。

それぞれの違いを確認してから口座を開くことが大切です。

国内取引所5選
  1. GMOコイン
  2. Coincheck
  3. DMM Bitcoin
  4. TAOTAO
  5. bitFlyer

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは仮想通貨をメインに取り扱っている取引所です。知名度も高いため初心者に人気となっています。

多くの人が利用すれば、それだけ取引所の内容も充実していきます。

売買や注文状況は初心者の利用に配慮した非常に見やすい一覧表です。

また、リップルだけではなく取引できる銘柄は業界最多ですから幅広い取引が可能です。

仮想通貨と日本円のやり取りは手数料無料となっている点も大きな魅力です。

取引時に利益が出ても日本円に戻す時の手数料は意外と大きいからです。

GMOコイン
最大レバレッジ倍率 2倍
レバレッジ対応通貨 9種類
レバレッジ手数料 0.04%/日
ロスカット率 75%
追証 なし
注文方法 成行、指値、逆指値、
IFD、OCO、IFD-OCO
スマホ対応 アプリあり(iOS,Android)

Coincheck

Coincheck

Coincheckは仮想通貨取引のためのスマホアプリが充実していることで人気を集めています。

ダウンロード数は業界No.1です。

現代の仮想通貨取引は大半の人がスマホを使っています。

パソコンよりも使いやすいということではなく、いつでもどこでも値動きの確認や注文が可能だからです。

つまり、Coincheckはユーザーの利便性を高めるためにスマホアプリに力を入れているといえます。

実際の取引のやり方はどこの取引所でも同じでも操作性は取引しやすさに直結しています。

ただ、現在、レバレッジ取引は受け付けていません。

Coincheck
最大レバレッジ倍率 1倍
レバレッジ対応通貨 なし
レバレッジ手数料 なし
ロスカット率 なし
追証 なし
注文方法 なし
スマホ対応 アプリあり(iOS,Android)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinではリップルだけではなく12種の仮想通貨でレバレッジ取引が可能です。

もちろん、レバレッジ取引にはリスクが伴いますが、そのメリットも詳しく説明されています。

まず、倍率2倍の取引が可能となっている点です。

これはレバレッジ取引の基本ですからDMM Bitcoinだけに限ったことではありません。

それからビットコインをメインとして資産を保有したまま取引を続けられる点です。

日本円に戻しませんから資金移動による課税がなく節税効果が期待できます。

そして、自己資産を超えた取引によって大きな利益が得られることです。

DMM Bitcoin
最大レバレッジ倍率 2倍
レバレッジ対応通貨 12種類
レバレッジ手数料 0.04%/日
ロスカット率 50%
追証 あり
注文方法 成行、指値、逆指値、IFD、IFO
スマホ対応 アプリあり(iOS,Android)

TAOTAO

TAOTAO

TAOTAOはいろいろな手数料がすべて無料となっており非常に魅力的な仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引を小額から始められるので初心者にもやさしい業者といえるでしょう。

提供されるスマホアプリも損益状態の見やすさを考えたデザインとなっています。

ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの主要通貨の取引が可能です。

個人だけではなく法人を対象とした取引の窓口も設けられています。

それだけ取引規模が大きいと考えていいでしょう。

TAOTAO
最大レバレッジ倍率 2倍
レバレッジ対応通貨 5種類
レバレッジ手数料 売り0.007%/日、買い0.004%
ロスカット率 80%
追証 あり
注文方法 成行、指値、逆指値、OCO
スマホ対応 アプリあり(iOS,Android)

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerは国内最大級の仮想通貨取引所として多くの利用者がいます。

規模が大きいことで相場の適切な情報提供や操作性の良い取引ツールの提供が可能となっています。

また、取引通貨は13種類と豊富なためリップルだけではなく他の通貨も取引することでリスク分散を図ることができます。

取引のためのツールは初心者でもわかりやすいデザインとなっていますが、上級者の使いやすさも考慮されています。

取引でわからないことがあっても24時間のサポートを受けることができますから、これから始める人にもおすすめです。

bitFlyer
最大レバレッジ倍率 2倍
レバレッジ対応通貨 1種類
レバレッジ手数料 0.04%
ロスカット率 80%
追証 あり
注文方法 成行、指値、逆指値、
IFD、OCO、IFDOCO
スマホ対応 アプリあり(iOS,Android)

リップル(XRP)のレバレッジ取引ができる海外取引所2選

リップル レバレッジ 海外

本格的にリップル(XRP)のレバレッジ取引をしたいと考えるなら国内の取引所よりも海外取引所がおすすめです。

国内との違いはレバレッジ率を高くできる点が大きなメリットです。

もちろん、その分だけリスクも高くなりますから専門的な知識と売買タイミングを誤らないスキルが求められます。

海外取引所といってもすべての取引所が多言語対応となっているため国内取引所との違いを感じることはありません。

海外取引所3選
  1. Bybit(バイビット)
  2. BINANCE(バイナンス)

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)

Bybitは最近登場した取引所ですが、世界中で250万人のユーザーが参加しています。

公式サイトはもちろん日本語対応していますから、利用する時に戸惑うことはありません。

年中無休で多言語対応サポートを積極的に行っているのです。

特にライブチャットはわからないことがあった時に気軽に利用できるでしょう。

仮想通貨だけではなく金融業界の専門家が設立した取引所ですからセキュリティなどのトラブル対策も万全です。

初心者向けのガイドもホームページに掲載されています。

Bybit
最大レバレッジ倍率 100倍
レバレッジ対応通貨 14種類
レバレッジ手数料 0.075%
ロスカット率 100%
追証 あり
注文方法 成行、指値、逆指値
スマホ対応 アプリあり(iOS,Android)

BINANCE(バイナンス)

BINANCE(バイナンス)

世界最大の取引所としてBANANCEは有名になっています。

それだけ取引額も大きいのです。

もちろん24時間365日サポート体制が整えられていますし、公式サイト内のコミュニティでもたくさんの情報を得ることができます。

すべてが日本語表記になっているわけではありませんが、取引用語なら英語でも十分理解できるでしょう。

BANANCEから発信される情報を基にして取引のタイミングを確認している人は少なくありません。

専用のアプリでいつでもどこでも取引が可能です。

BANANCE
最大レバレッジ倍率 20倍
レバレッジ対応通貨 24種類
レバレッジ手数料 0.04%
ロスカット率 100%
追証 なし
注文方法 成行、指値、逆指値
スマホ対応 アプリあり(iOS,Android)

リップル(XRP)のレバレッジ取引をする際の注意点

注意点

リップル(XRP)のレバレッジ取引をする際の注意点を説明しましょう。

リップルに限らず、レバレッジ取引は少ない資産で大きな利益を得ることができますが、同時に損失を出すリスクも高くなっています。

仮想通貨は急激な変動が頻繁に起きることから、一般の通貨のレバレッジ取引よりも注意しなければなりません。

通貨相場の変動に合わせた自動売買を活用しましょう。

注意点
  1. ボラティリティに注意
  2. パスワードの管理に注意
  3. 税金に注意

ボラティリティに注意

ポラティリティとは通貨相場の変動率のことです。

変動幅が大きいとそれだけリスクが高くなります。

もちろん、自分が期待した方向に変動するのであれば利益となりますが、上下変動することが一般的です。

そのため、ポラティリティが高いことを前提とした取引を考えなければなりません。

急激な変動に対して、こまめな画面チェックでの対応は現実的ではないでしょう。

取引所が提供する専用ソフトを利用することで最適な注文をかけることが可能です。

また、APIが公開されていますから、自分でソフトを組むことも可能です。

パスワードの管理に注意

pass

国内取引所であれ海外取引所あれ、自分のログインパスワードの管理は確実に行っておかなければなりません。

仮想通貨取引はすべてが電子データですから、パスワードの漏洩は資産を失ってしまう危険性が高いのです。

一般の銀行と同じように定期的にパスワードを変更することをおすすめします。

取引所自体は高度なセキュリティで守られていますから心配することはありません。

専用アプリもハッキングされることはないでしょうから、パスワードだけが狙われやすいと考えてください。

単純なパスワードは危険ですから、アプリ側でチェックしている取引所もあります。

税金に注意

リップル(XRP)のレバレッジ取引で大きな利益が出たならば税金に注意しておかなければなりません。

基本的には小額の利益でも確定申告をしなければなりませんが、利益額によって税率は変わってきます。

どこの取引所を利用しても、最終的には国内の銀行口座を通したやり取りとなりますから、税務署に調べられたらすぐに脱税がばれてしまいます。

それを心配するよりもきちんと確定申告をすべきでしょう。

ただ、利益から税金が引かれますから、それも取引手数料の一部と考えておいてください。

自分の出費となるからです。

【まとめ】リップル(XRP)のレバレッジは儲かる?

リップル(XRP)のレバレッジ取引は儲かるのでしょうか。

利益を得るためには、レバレッジ取引の仕組みや方法を理解することとリップルの変動を的確に予想することが重要となります。

また、確実に儲かると断言することはできませんから、そのリスクも頭に入れておかなければなりません。

世の中にはリップル(XRP)のレバレッジ取引で儲けている人もいますが、大手取引所では最大レバレッジ率を下げる動きが出てきており、高いレバレッジ率で損をした人が多いことを示しているでしょう。

ただ、適切なタイミングで投資を行い、適切な取引をすれば儲かります。

投資は、まずは銘柄の動きの傾向などを把握することがとても大切です。まずは、リップルのチャートを分析して自分なりにでもトレードなどで練習をしてみましょう。