リップル(XRP, Ripple)は将来10万に到達する?将来性や最新情報から分析!

リップル 将来 10万円

暗号資産取引が注目を集めていますが、その理由の一つに大きな価格上昇が期待できることがあります。

一般の通貨と比較すると価格変動が大きいことは確かです。

暗号資産の一つであるリップルは取引高は上位ですが、通貨の価格でみるとビットコインとはかなりの差があります。

2021年は100円台で変動している状況です。

リップルが10万円を超えるようになると市場は大きく変わってくると期待されています。

リップルの売買で利益を得るためにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

基本的な考え方や注目すべき点を説明しましょう。

ざっくりいうと

xrp

  • リップル(XRP,Ripple)は、仮想通貨の中でも将来性があると言われている!
  • 国際送金の分野で実用化されれば、需要がより高まる可能性がある!
  • リップル社は、XRPを定期的にバーンしている!

リップル(XRP,Ripple)は将来10万円に到達するのか?

将来10万円に到達するのか?

リップルが将来10万円になるのかという点については誰も断定できません。

ただ、ビットコインの例を見ればあり得ない数字ではないといえるだけです。

注意しておかなければならないのはビットコインとリップルには登場した背景と目的が違う点です。

単なる価格の傾向だけをみて、同じ傾向になるだろうと判断することは避けるべきでしょう。

リップルは国際送金サービスを提供するために考案されています。

つまり、金融機関にとって大きなメリットをもたらすのです。

暗号資産の取引については、リップルを支持している人が増えることで資産価値が高まります。

どのような社会の変化によってリップルの価格が変動するのかを考えてみてください。

現在のリップルの価格が将来10万円になるためには100倍の上昇となります。

今購入すれば大きな利益をもたらしてくれますから期待する人は少なくありません。

リップル(XRP,Ripple)は10万円になる?将来性を解説

将来性を解説

実際にリップルには将来性があると期待されています。

それが10万円という価格に結びついているのです。

ここではリップルの将来性について解説しましょう。

暗号資産の取引では購入に対する不安があると価格は下落していきますが、将来が安泰であれば多くの人が買い求めて上昇していきます。

ポイント
  1. 将来性①:既に世界各国の金融機関と提携している
  2. 将来性②:Googleから出資を受けている
  3. 将来性③:国際送金の需要増加
  4. 将来性④:発行枚数が他通貨と比べても多い
  5. 将来性⑤:リップル社が定期的にバーンしている

将来性①:既に世界各国の金融機関と提携している

リップルは国際送金における通貨間の橋渡しの役割を担っているプラットフォームです。

その技術は高く評価されており、世界で多くの金融機関が提携しています。

つまり金融機関のシステムの一部としてリップルは使われ続けることが約束されているとみることができるでしょう。

投資対象が大きく下落して損失を出すことは誰もが恐れることですが、リップルにはその心配がないのです。

将来の大きな上昇を期待することも的外れではありません。

世界中にはたくさんの金融機関があり、それぞれが自分たちの考え方に基づき送金システムを構築しています。

ただ、金融機関同士でデータのやり取りが生じますから暗号資産が重要なポイントとなるのです。

リップルはその仕組みを提供するプラットフォームであり、将来的にみれば拡大方向といえるでしょう。

将来性②:Googleから出資を受けている

出資

リップルの開発には単なる技術力だけではなく、かなりの資金が必要となります。

金融機関との提携だけでは不十分です。

このような中で注目されているのはGoogleが出資している点でしょう。

Googleは誰もが認める巨大企業であり、将来性を疑問視する人はいません。

その後ろ盾があるリップルですから、当然資金力に問題はないと考えていいでしょう。

リップルの技術開発が進めば、さらに多くの金融機関が提携していくことになりますし、価格上昇が期待できます。

今後のGoogleが継続してリップルに対する出資を続けるかは不透明ですが、すぐに止めてしまうような動きは考えられません。

これまでの10年間を見てみればしっかりとした考え方で事業展開をしているからです。

将来性③:国際送金の需要増加

現在の投資市場は国内だけに限定したものではなく世界中に広がっていますから、国際送金の手続きも増加しています。

国際送金の需要が高まれば必然的にリップルの出番が増えるのです。

暗号資産としての価値と国際送金での利用が直接結び付くわけではありませんが、投資家はその動きに注目していますから買い注文が増えることになるでしょう。

10万円になることもあり得ない数字ではありません。

将来性④:発行枚数が他通貨と比べても多い

多い

発行枚数が他通貨と比べて多いこともリップルの特徴となっています。

これもリップルが考案された経緯に関係していますが、発行枚数は運営企業のリップルが決定しています。

すでに既定の枚数に達していますから、今後増加することはありません。

つまり、逆に希少価値が出てくるのではないかとみている投資家もいるのです。

この仕組みは暗号資産特有ですが、それが不安材料になったり期待材料になったりしてきました。

単純に発行枚数が多いだけでは将来性を決めることはできないでしょう。

将来性⑤:リップル社が定期的にバーンしている

バーンとは暗号資産を消滅させることです。

バーンされることで総発行枚数は減少していくことになります。

リップル社は定期的にバーンしていますからリップルの総発行枚数は減少します。

これによって市場価格が上昇すると期待する人も多いでしょう。

ただ、バーンによる価格上昇は限定的であり長期的な持続効果はありません。

リップル社はリップルの大口所有者でありその動向が常に注目されていますが、定期的なバーンの実施が投資家の信頼性を高めていることは間違いありません。

リップル(XRP,Ripple)が取引できるおすすめの取引所4選

取引所4選

多くの取引所ではビットコインをメインに取り扱っており、手数料無料と掲載されていてもリップルの売買には手数料がかかることもあるからです。

そこでおすすめの取引所を紹介します。

おすすめ取引所
  1. コインチェック
  2. GMOコイン
  3. ビットバンク
  4. LINE Bitmax

コインチェック

コインチェック

おすすめポイント
  • アプリダウンロード数No1
  • 取引手数料が無料
  • スマホなら取引開始まで最短1日
  • 関東財務局登録済みだから安心
コインチェックはスマホアプリが非常に使いやすくダウンロードNo1を誇っている取引所です。

ビットコインが中心ですが、それでも取引通貨の種類は国内No1です。

多くの通貨を取り扱っていますから、幅広い投資家の注目を集めているといえるでしょう。

取引のタイミングはスマホアプリのチャートで判断しやすいでしょう。

初心者のための説明用コラムが公式サイトに掲載されていますから、読んでおくと暗号資産取引の面白さがわかってきます。

GMOコイン

GMO

おすすめポイント
  • オリコン顧客満足度No1
  • 口座開設が最短10分
  • 暗号資産購入で1,000円が当たる
  • つみたて暗号資産ができる
GMOコインは初心者でも気軽に取引を始められる取引所です。

CMをやっていますから知名度は高いといえます。

また、オリコン顧客満足度No1からわかるように、実際の利用者が満足できるサービスを提供しているのです。

チャートを見て取引タイミングを見極めることは簡単ではありませんから、いろいろなキャンペーンを行うことで投資を身近に感じてもらう狙いがあるのでしょう。

つみたて暗号資産は定期的に購入することでリスク分散を図ることができますから、初心者にもおすすめです。

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント
  • 仮想通貨取引量No1
  • ワンタップで購入できる
  • スプレッドが狭い
  • スマホで本格的な取引も可能
ビットバンクはシンプルなスマホアプリを提供することで、利用者の注目を集めている取引業者です。

リップルもワンタップで購入可能です。

アプリの画面は見やすく作られていますが初心者に使いやすいだけではなく、本格的なトレードをしたいと考えている人の利便性も高めているのです。

逆指値注文、逆指値成行注文などいろいろなパターンの取引が簡単にできる仕組みが提供されています。

これが取引量No1につながっています。

暗号資産取引でしっかりと利益を出したいと考える人におすすめです。

LINE Bitmax

LINE Bitmax

おすすめポイント
  • 使い慣れたLINEで取引できる
  • 最高水準のセキュリティで安心
  • 初心者にもやさしいシンプル画面
LINE BitmaxはSNSアプリのLINEを利用した取引ができますから、初心者には取り組みやすくなっています。

もちろん、暗号資産取引のための情報はわかりやすく表示されますから幅広い利用者に注目されています。

口座開設もLINEでログインしての手続きとなっていて、非常に簡単に手続きできます。

毎日LINEを見ながら取引ができることで、取引を身近に感じられるのではないでしょうか。

もちろん、気になるチャートの動きをチェックするも簡単です。

また、LINEpayを利用すれば日本円の入出金も簡単になります。

リップル(XRP,Ripple)の最新情報

最新情報

リップルの将来性については最新情報をチェックしておくことが重要です。

インターネットにはたくさんの情報源がありますが、推測にすぎない場合も少なくありません。

リップルに関して現在注目されている話題を紹介しましょう。

取引する時には情報に変化がないか確認してください。

最新情報
  1. リップルの訴訟問題について
  2. リップルのSWELLについて

リップルの訴訟問題について

疑問

リップルの訴訟問題とは初期段階から続いている訴訟に関することです。

リップルを一般投資家に販売したことがアメリカの証券取引委員会から違法であると指摘されており、いまだにその裁判の決着はついていません。

そのため訴訟の行方には強い関心が寄せられています。絶好の買いタイミングとなるからです。

この問題は運営母体であるリップル社への不安材料となっています。

ただ、暗号資産としてのリップルに対する信頼性が揺らいでいるわけではありません。

どのような形で決着するのかについて、今後の推移に注目していくことが重要です。

リップルのSWELLについて

リップル社では毎年SWELLと呼ばれるイベントを開催しています。

単なるリップルの宣伝ではなく、これからの展開などを詳しく説明する場となっています。

また、各界からの著名人を招いての講演会も開かれています。

SWELLで公表される新しい情報がその後のリップルの価格に影響を与えることになります。

これまでのSWELLを見てみると開催前は価格が上昇していますが、終了後から徐々に下落してきました。

専門家はこの傾向はあまり変わらないとみています。

リップルだけではなく他の暗号資産でも同じようなイベントが開かれています。

イベントの成否が価格変動に直結していることは確かです。

リップル(XRP,Ripple)を取引する際の注意点

取引する際の注意点

リップルを取引する際の注意点について考えてみましょう。どのような通貨でも将来の価格を的確に予想することはできません。

ただ、リップルを取り巻く状況を見極めることが大切でしょう。また、短期的な利益と長期的な利益では取引方法が大きく異なってきます。

自分がどのような取引をしたいのかを意識することが大切でしょう。

暗号資産取引にはある程度のリスクが伴います。将来性のあるリップルでもそれは無視できません。

どれが正しい情報なのかをしっかりと読み解くことが利益につながるといえるでしょう。

まとめ

リップルの将来性が高いことで10万円台になると期待している人もいます。

しかし、現在の価格の100倍の値上がりとなりますから、短期間で現実になるとは考えられないでしょう。

長期的な視点でリップル購入を考えてみてください。

ただ、市場動向を適切に把握できるならば買い時、売り時を判断することはできます。

初心者でも簡単に始められる取引ですが、利益を出すのは簡単ではないと思わなければなりません。