リップル(XRP)は上がらない?その理由と今後の将来性について徹底分析!

XRP リップル 上がらない

投資家としての経験がなくても利益が出せると注目されているリップルですが、予想に反してなかなか上がらない状況が続いています。

取引で稼ごうと思っていた人は少し不安になっているかもしれません。

もちろん、リップルだけではなくたくさんの通貨が自分の思惑通りに上がったり下がったりするわけではありません。

特に一時的な変動は予想できないと考えなければなりません。

ここではリップルが上がらない理由について整理してみましょう。

ざっくりいうと

XRP 上がらない

 

  • リップルは、アルトコインの中でも特に注目されている仮想通貨!
  • 仮想通貨の時価総額ランキングでは常に上位をキープしている!
  • リップルが今後価格をあげる可能性は高く、今のうちに投資をしている投資家も数多い!

リップル(XRP, Ripple)をおさらい

リップルをおさらい

まずは仮想通貨リップルについて、おさらいしましょう。

特徴について再認識してください。

リップルの特徴はビットコインと比較してみるとわかりやすいでしょう。

市場の動向は多くの人が関心を持っていますが、何のために作られているかを明確に意識していないことが少なくありません。

リップルが上がらない理由にはその役割が大きく関係しており、安定した取引のためには知識を身につけなければなりません。

リップル(XRP, Ripple)とは

一番ポピュラーなビットコインが取引のために考案された通貨であるのに対して、リップルは金融業界での国際送金システムで使用するツールとして考案されました。

つまり、ツールとしてしっかりと役に立つことが重要であり、国際送金時の手数料を節約するための通貨として利用されているのです。

これが意味することは非常に大切です。

通貨が上がることで利益を得ようとする人よりも、実際に国際送金で利用する時の利益を考えている人が多いことを示しているからです。

しかし、インターネットで検索結果を見るとその役割はあまり意識されておらず、普通の為替取引と同じだと考えている人がほとんどです。

リップル(XRP, Ripple)の技術

リップルを実現するための技術の特徴としてデータの高速処理があります。

その機能が実取引で有益な役割を持つことを知っている人たちは積極的にリップルを支持しています。

その結果としてリップルが上がります。

逆に信頼性が低いと評価されれば下がってしまうのです。

仮想通貨の技術がどのような仕組みになっているかを知っても、その内容は通貨取引で有利になることはありませんから、その技術的内容について詳しく知る必要はないでしょう。

それよりも、リップルの技術をどのような企業が注目しているかを調べてみなければなりません。

リップルの将来性について徹底解説
リップルの特徴をもっと詳しく知りたいという方は以下の記事も参考にしてください。リップルがなぜやばいと言われているのか徹底解説しています。 リップル やばい 【2021年11月最新】リップル(Ripple, XRP)はやばい?将来性や今後の見通し徹底解説!

リップル(XRP, Ripple)がなかなか価格が上がらない理由

価格が上がらない理由

リップルがなかなか上がらないと不安に感じている人が多いのですが、それは短期的な価格上昇を期待して購入しているからです。

まずは上がらない理由を考えてみましょう。

理由は単純ではなく複数の要因が関連していますし、世界経済や他の通貨の動向なども大きな影響を与えます。

つまり、リップルのことを知るだけでは不十分といえます。

理由
  1. 流通している枚数がとても多い
  2. 実用化までに時間がかる
  3. xRapidでしかXRPは使われない
  4. ビットコインに比べてまだ知名度が低い
  5. 訴訟問題などで新規の参入ハードルが高くなっている

流通している枚数がとても多い

流通している枚数が多いのは他の仮想通貨と比較した場合のことです。

数字的にはリップルはビットコインの10倍以上の枚数が流通しています。

ただ、単純に多いだけでは上がらない理由にはなりません。

実際に仮想通貨取引所で出回っている枚数が重要となります。

相場が上がらない状況は買い注文が増えていないことを意味します。

それは将来の下落を示唆しているわけではありませんから、それだけで不安になる必要はないでしょう。

買い注文がない状況で売ればそれが損失となってしまいますし、それがさらに下落を招く危険性があります。

実用化までに時間がかる

time

最初に発表されてから実用化されるまでにかなりの時間がかかりました。

また、その後の改良も行われており、それにも時間がかかると考えられています。

上がらない要因のひとつといえますが、他の仮想通貨も同じような傾向です。

実用化のためには信頼性の確保が重要であり、中途半端な機能を実装しただけで市場に投入することのリスクの方が大きいとリップル社は考えているはずです。

他の通貨にない信頼性と高速処理をアピールすることで国際送金での利用が増加すれば、おのずとリップルの価格も上昇します。

それまで待つという選択肢も考えておかなければなりません。

xRapidでしかXRPは使われない

仮想通貨のリップル、つまりXRPが単独で国際送金システムに利用されるわけではなく、実際にはリップルの技術を利用した商品のxRapidを使うことになります。

このことがリップルの普及を妨げていると考える人もいますが、一つの商品としてまとまっていることのメリットも少なくありません。

仮想通貨は実体がありませんから、システムのトラブルは致命的な損失を引き起こしてしまいます。

それだけ世界経済に対して影響力があるのです。

ただ、xRapidの仕組みがリップルの市場に与える影響は無視できるでしょう。

実際に利用される時には仕組みではなく信頼性が重要だからです。

ビットコインに比べてまだ知名度が低い

rank

知名度に関していえば、リップルはビットコインに大きく引き離されています。

現在でも仮想通貨市場ではビットコインの独壇場となっているのです。

ただ、このことは多くの人が既知の事実として認識されており、取引市場の動向に影響を与えることはないでしょう。

もちろん、知名度はこれから投資を始めようとする人には重要です。

無名の商品よりも注目されている通貨の方が安心感があるからです。

現実の為替取引でも、注目の高い通貨は積極的に売買されていますが、ほとんど価格が変動しない通貨もあります。

訴訟問題などで新規の参入ハードルが高くなっている

リップルが訴訟問題を抱えていることは大きなニュースとなりました。

世界中の人が知っていますから、それだけで取引を控える人は少ないでしょう。

しかし、訴訟に勝つか負けるかは大きな影響を与えます。

現時点では訴訟の行方は全くわかりませんが様子見の傾向が強くなっているのです。

結果的にリップルの新規買い注文が足踏み状態となってしまうでしょう。

新規の参入ハードルは低くありませんが、極端に高くなっているわけではありません。

重要なことは訴訟への関心とリップルの注目度は必ずしも連動していないということです。

リップル(XRP, Ripple)の価格が今後上がる理由と将来性

理由と将来性

リップルが上がらないことで不安に思っている人に、今後上がる理由を説明しましょう。

もちろん、短期的な上昇だけではなく長期的な視点での将来性も考えておく必要があります。

仮想通貨市場では投資家の心理による大きな変動が避けられませんから、情報に振り回されずに正しく理解しておけば安心して売買ができるでしょう。

  1. 世界各国の銀行と提携している
  2. インドでの取引が増えている
  3. 新規発行されることがない

世界各国の銀行と提携している

リップルは国際送金システムでの利用が大きな役割ですが、そこで注目されているのが世界各国の銀行との提携です。

銀行では日常的に国際送金を行っています。

送金時に利用者が支払う手数料がリップルの採用によって低く抑えられますから、今後の利用者が増加すると予想されています。

それがリップルへの注目となって価格上がる理由となるのです。

もちろん、他の仮想通貨も関連しますから、単純に予想通りになるわけではありません。

しかし、需要が高まれば価格が上がるのは市場原理の常識でしょう。

インドでの取引が増えている

money

リップルは銀行での国際送金システムで利用されていますが、国別でみるとインドでの取引が上昇していることがニュースで取り上げられています

限定された地域での取引ではありますが、それが通貨市場に与える影響は少なくないでしょう。

すべての通貨は世界中の取引所で1日中取引されており、インドの動向に注意を払わなければなりません。

他の国への広がっていくことも期待できるでしょう。

インドでの取引は他国との取引ですから、結果的に世界中での取引が増加することになります。

過度な期待はできませんが、しっかりと情報をチェックしてください。

新規発行されることがない

ビットコインと大きく違う特徴としてリップルの発行枚数はあらかじめ決められていることです。

そして、すでに規定の枚数の発行が完了していることです。

今後は徐々に減少していく仕組みですから、通貨としての価値が高くなると期待できるでしょう。

それがリップルの価格が上がる要因となります。

短期間の取引ではなく長期的な視点の方が影響は大きくなると考えられます。

仮想通貨を長期的に取引したいと考えている人には魅力的な特徴となります。もちろん、それをデメリットと見る人もいます。

自分がどのような取引をしたいのかを整理することが大切でしょう。

リップル(XRP, Ripple)の取引におすすめの取引所3選

おすすめの取引所3選

リップルが上がるか上がらないかを明言できる人はいませんから、その時の情報を正しく把握することでチャンスを逃さないようにしなければなりません。

気を付けておきたいのはリップルを取り扱っている取引所の選び方です。

それぞれの特徴を考えて自分に合っているかを考えましょう。

これから、代表的な取引所3選を説明します。

それぞれのメリット・デメリットがありますが、考え方や取引の方法によって答えは違ってきます。

現代の取引所ではスマートフォンを利用することができますから、いつでも自分の都合に合わせて取引が可能です。

口座を開設してアプリを触ってみることをおすすめします。

自分が利用しやすいと感じる取引所がベストでしょう。

おすすめ取引所
  1. コインチェック
  2. ビットフライヤー
  3. GMOコイン

コインチェック

コインチェック

おすすめポイント
  • 取引通貨数No.1
  • 少額から仮想通貨取引ができる
  • 取引所の取引手数料が無料

コインチェックで使用するスマートフォンアプリのダウンロード数が業界No.1となっており、それだけ多くの人が取引をしていると考えていいでしょう。

もちろん、リップルだけではなく多くの仮想通貨を取り扱っていますから、リスク分散を考える場合のメリットにもなります。

初めての人でも口座開設の方法が詳しく説明されていますから、初めての人でも戸惑うことはないでしょう。

取引所によってチャートの表示が違いますが、ダウンロードNo.1となっていることを考えれば、見やすくなっていることでしょう。

もちろん、その使い勝手は実際に触ってみなければわかりませんが、利用者が多いことは信頼性があることを示しています。

ビットフライヤー

ビットフライヤー

おすすめポイント
  • 国内取引量No.1
  • シンプルな操作画面で初心者も安心
  • 100円から取引できる

ビットフライヤーは国内取引が5年連続でNo.1となっており、その実績は大きな安心感を与えています。

取引通貨の種類は13通貨に限定していますが、それは初心者にもわかりやすい取引をしてもらうためでしょう。

また、スマートフォンアプリの操作画面もシンプルさを重要視しておりチャンスを逃さない取引が可能となっています。

アプリの画面構成をみると、取引所の考え方がわかるといわれています。

初心者にとってどのような情報が必要なのかをしっかりと考えた画面構成となっています。

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • オリコン顧客満足度No.1
  • 高機能取引ツールを提供
  • 安心のセキュリティ

GMOコインの取引は初心者よりも豊富な経験を持った人を意識した構成となっています。

多彩な取引方法は相場の状況や自分の口座に合わせて、柔軟な取引ができる仕組みとなっています。

現物取引、レバレッジ取引、売りからの取引、複合注文を使った取引などどのような要望にも応えられるでしょう。

もちろん初心者でも戸惑うことがないように配慮された画面構成となっていますから不安を感じることはないでしょう。

口座開設から最短10分で取引開始も非常に魅力的です。また、取引所として重要なセキュリティもしっかりとサポートされています。

リップル(XRP, Ripple)に関する最新ニュース

最新ニュース

リップルに関する情報はたくさんのサイトで入手できますが、正しい情報を得ることを心掛けなければなりません。

リップル本来の強みである国際送金時のメリットが徐々に評価されてきました。

安定した価値からリップルの相場安定に寄与することでしょう。

ニュースはデマではないとしても、根拠が薄く大げさな表現になっていることが少なくありませんから注意が必要です。

  1. 4月には2018年以来の200円まで価格が高騰!
  2. 対SECとの裁判を担当していた弁護士が撤退を表明
  3. XRP関連の投資商品の運用資産額が2倍に

4月には2018年以来の200円まで価格が高騰!

4月には200円を超える高値となりましたが、これだけですべてが判断できるわけではありません。

一般的に仮想通貨相場は乱高下が激しくなっています。

それだけ投資家が注目しているといえますが、ちょっとした変動に過剰反応しているケースも少なくありません。

今後も予想していない高騰と下落が出る可能性は十分ありますから、自分がどのような対応をとるかをあらかじめ決めておくことをおすすめします。

高値を付けたからと言ってそれだけで判断してはいけません。

長期的な視点が大切でしょう。

対SECとの裁判を担当していた弁護士が撤退を表明

court

SECから訴えられている裁判では弁護士が撤退することがニュースで流れています。

これが裁判の行方を左右するかどうかは簡単に判断できません。

ただ、リップルを取り巻く懸案として残っていることは間違いありませんから、注意しておくことが大切です。

仮想通貨の取引では直接的な影響がなくても市場が反応してしまうことが少なくありません。

裁判の結果を見るのではなく、動きが市場に与える影響を考えなければなりません。

リップルは下がる理由よりも上がる理由の方が多いですから将来性に不安要素は少ないですが、価格変動は今後も繰り返されていきます。

XRP関連の投資商品の運用資産額が2倍に

世界全体の動きをみるとXRP関連の投資商品が増加しており、運用資産額は2倍になっていると発表されています。

もちろん、これが今後もこのペースが続くわけではありませんが一定の指標と考えていいでしょう。

投資家が購入しているのですから、それだけ世界中が価値を認めていることになります。多くの人が価値を認めることで通貨は安定していくことでしょう。

リップルが登場してから年数はあまりたっていませんから、今上がらないとしても悲観する理由はありません。

リップル(XRP, Ripple)を取引する際の注意点

取引する際の注意点

リップルは投資商品として魅力的であり、長期的にみれば価値は高いのです。

取引で注意しておかなければならないのはタイミングでしょう。

安く買って高く売ることで利益を得られますが、そのタイミングを見極めるためには正しい情報が不可欠です。

それでも市場が思わぬ反応をしてしまうリスクはあります。

一定のリスクがあることを理解した上でタイミングよく取引をしなければなりません。

注意点
  1. ボラティリティに注意
  2. セキュリティ対策を怠らない

ボラティリティに注意

ボラティリティとは直訳すると変動率です。

つまり、仮想通貨がどれくらいの価格変動をしているかを示す数字です。

ボラティリティが大きいほど損益の幅が大きくなります。

大きなリターンを期待すれば、リスクも大きくなると考えなければなりません。

これはリップルに限ったことでありませんが、自分が取引したいと考えている通貨のこれまでの動きを調べてみましょう。

短期、長期のチャートを見ると、これからのことがある程度予想できますが、実際の取引は単純ではありません。

リップルが金融業界で評価がどうなるかが大きなポイントでしょう。

セキュリティ対策を怠らない

リップルを含めた仮想通貨で注意しておかなければならないのはセキュリティ対策です。

人気の高い取引所なら安心だと思っているかもしれませんが、過去には仮想通貨の流出が大きな事件として注目を集めました。

ハッカーなどがチャンスを狙っているのです。

セキュリティの仕組みとしてウォレットがあり、それをさらに高めたハードウェアウォレットもあります。

もちろん、専門的な知識が必要となりますから、一般の投資家は取引所選びが大切でしょう。

取引所が実施しているセキュリティ対策を比較してみてください。

まとめ

リップルが上がらないと不安になっている人に参考になる上がらない理由と上がる理由をまとめて説明しました。

全くリスクがない投資商品はありませんから、下がることもありますし上がることもあります。

いずれにしても最新のニュースを入手して正しい判断をしてください。短期的、長期的な変動がどうなるかを考えて投資のやり方を考えるのです。

今後の変動を自分なりに考えてみることも、投資の魅力といえるのかもしれません。

世界的にみればリップルの将来は明るいといえます。