【2021年最新】将来性の高い仮想通貨ランキングTOP5|独自の技術や銘柄の特徴を解説!

仮想通貨 将来性 ランキング

「将来性がある仮想通貨を取引するおすすめの取引所が知りたい!」

「仮想通貨をやってみたいけど、将来性がある仮想通貨ってどうやって選ぶの?」

という人も多いかと思います。

この記事を見れば将来性のある仮想通貨をランキング形式でご紹介しているので解決しますよ。

仮想通貨には、時価総額が多いものや処理能力が速いものまで特徴はさまざまですので自分にぴったりの仮想通貨はどれかこの記事で探すことができます。

さらに今回は、おすすめの仮想通貨取引所や将来性のある仮想通貨についてもご紹介します。

仮想通貨を始めるにあたって、少しでもお役に立てれば幸いです。

ざっくりいうと

仮想通貨 将来性

  • 将来性がある仮想通貨を見極めて投資することで、利益を得ることができる!
  • おすすめの将来性がある仮想通貨は「Bitcoin(ビットコイン)」!
  • おすすめの仮想通貨取引所は、コインチェック(Coincheck)!
  • 将来性のある仮想通貨を見極めるポイントは複数ある!
  • 流動性が高く、それぞれの技術やビジョンがはっきりしていて開発が進んでいる仮想通貨がおすすめ!
【2021年おすすめ】仮想通貨取引所・銘柄13選|これから伸びる銘柄をプロが厳選!

将来性がある仮想通貨の選び方

将来性 仮想通貨 選び方

仮想通貨は1000種類以上種類があって、次から次へと通貨が出てくるから選ぶのが難しいと考えている人も多いですよね。

そこで、将来性がある仮想通貨の選び方のポイントを4つご紹介します。

ポイント
①流動性が高い
②時価総額のランク
③仮想通貨の技術やビジョン
④国内取引所で取り扱っている仮想通貨

あなたが将来性のある仮想通貨を選ぶ際に参考にしてみてくださいね。

流動性が高い

まず、仮想通貨で流動性が高いというのは多くの人が取引をしているという意味です。

分かりやすく、米ドルとメキシコのペソだったらどっちが多く市場で取引されているでしょうか。

知名度が高く信用がある米ドルですよね。知名度の低い通貨は用途がない限りはあまりトレードしたくないですよね。

仮想通貨も同じことが言えますので、知名度が高いことで多く取引されている通貨を流動性が高いと言います。一方で流動性が低い通貨は打ち切りになることも多いのです。

安心して取引をする為にも流動性の高い仮想通貨を選ぶことが大切ですよね。

時価総額のランク

rank

時価総額のランクによって、仮想通貨の影響力がどのくらいかということが分かるので、ひとつの選ぶ基準にもなります。

そして、時価総額は将来性があるといった期待度や知名度の要因で価格が上下する値といえます。

最新の時価総額ランキングは下の表でチェックしてみてください。

仮想通貨の技術やビジョン

仮想通貨はブロックチェーンという技術で成立し、ブロックチェーンはサトシ・ナカモトによって発表されました。

ブロックチェーンとは、簡単にいうと個人同士はお互いに台帳の情報を共有しているなかで、カテゴリ別にデータを箱に詰めて、並べて箱の中身をみんなで共有する仕組みです。

分かりづらいので、例として、引っ越しを例にすると理解がしやすくなります。

暗号化技術

荷造りの引っ越しの段ボールをカテゴリ別に分けて梱包し並べます。

コンセンスアルゴリズム

段ボールの中身を、みんなで確認し、個人間で情報を共有します。

p2p 仕組み

さらに、食器を詰める人、食器を渡す人がいたら個人同士でやり取りをします。これがブロックチェーンという仕組みです。

情報改ざんができない

ブロックチェーンのメリットは、データを改ざんすることができないことやデータを集約しているところがないので特定のサーバー攻撃を受けずに済むことが挙げられます。

仮想通貨はまだまだ日常生活には取り入れられていませんが、大手企業が決済サービスとして取り組むプロジェクトがなされていたり法整備によりもっと使いやすいものとなっていくことでしょう。

国内取引所で取り扱っている仮想通貨

coin

仮想通貨を購入できる場所は2箇所あって、ユーザー同士で売買ができる「取引所」と、交換業者から購入するところの「販売所」があります。

取引所では、仮想通貨の数量や価格など自分の注文リストで売買することが出来ます。

売り手と買い手で注文の内容が合えば取引が成立するため、需要と供給で成立しているのが取引所の特徴です。

しかし、注文リストが少ないと取引が成立しにくいといったデメリットもあります。

ですので、取引所を選ぶポイントとして注文リストと呼ばれる「板」が多いところを選ぶことをおすすめします。

海外取引所は、ハッキング事件が多いことや詐欺コインが出回っていることがあるため安全に取引ができません。

さらに、国内の仮想通貨交換業の登録をしていない業者に対して、金融庁は厳しく対処しているので仮想通貨の取引は国内取引所を使うようにしましょう。

将来性がある仮想通貨ランキングTOP5

仮想通貨ランキングTOP5

約1000種類以上もある仮想通貨の中から自分に合った仮想通貨を選ぶことはなかなか難しいですよね。

また、購入するなら将来性がある仮想通貨を選択したいと思うのが投資家だと思います。そこで、将来性がある仮想通貨を5つご紹介します。

仮想通貨を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン

通貨名 BTC
発行開始年月 2009年1月3日
現在レート(1通貨) 1BTC=3,964,974円
発行上限 2,100万枚
購入可能な取引所 コインチェック、bitFlyer、GMOコイン、DMMビットコイン、bit bank、Liquid by Quoine、ディカレット、SBI VCトレード、TAOTAO
レバレッジ取引が可能な取引所 DMM ビットコイン、GMOコイン、Liquid by Quoine
注目すべきポイント
  • 個人同士で直接送金可能
  • 手数料が無料または格安で利用できる
  • 国による為替レートがないので世界中で利用できる

ビットコインの通貨の単位はBTCとよばれ、2021年3月現在約1869万枚が発行されています。発行上限は2100万枚ですので、残りは11%となります。

もし、仮想通貨を購入したいと考えているなら早めに購入することをおすすめします。

ビットコインはお金のようではありますが、国が関係なく世界中どこでも利用することができるため国際的な送金など利便性が高く人気がある仮想通貨です。

まだまだビットコインは日常生活で使うことは難しいですが、法律が整い次第電子マネーのように1つのキャッシュレス決済として利用される日がくるかもしれません。

ビットコインは、投資の対象としてだけでなく通貨として認められつつあります。最近では、エルサルバドルでビットコインを法定通貨とすることが決定したほどです。

このことなどを受けて、ビットコイン決済が普及することで発行上限が決められているビットコインの希少価値が高まり、結果的にビットコインの価格が高騰することも大いに考えられます。

ビットコイン(BTC)のリアルタイムチャート・価格

ビットコイン(BTC)の現在の価格をチェックしてみてください。

ビットコインは海外取引所のバイビットでも取引可能!必ずもらえる登録ボーナスあり!

イーサリアム(ETH)

イーサリアム

通貨名 ETH
発行開始年月 2014年7月30日
現在レート(1通貨) 1ETH=293,464.68円
発行上限 無し
購入可能な取引所  bitFlyer、コインチェック、DMM ビットコイン、GMOコイン、Binance、Liquid by Quoine、CryptoGT
レバレッジ取引が可能な取引所 DMMビットコイン、GMOコイン、Liquid by Quoine
注目すべきポイント
  • 時価総額第2位の仮想通貨
  • 分散型アプリケーションを実現させた「スマートコントラクト技術」
  • イーサリアム企業連合=EEAの発展
  • IPOの発展

イーサリアムは、ビットコインに次いで市場で流通している仮想通貨なため人気があります。ビットコインと違う点は、発行上限がイーサリアムは無いということです。

イーサリアムはスマートコントラクトという、ブロックチェーンを利用して自動的に動かす仕組みのことです。

たとえば、Bさんが3か月後にAさんへ5ETH支払うという予約をすると3か月後の指定日にAさんへ5ETHの支払いが自動的に完了するという仕組みなのです。

さらにイーサリアムのスマートコントラクト技術を用いた世界的な企業連合が誕生し、今後の発展に注目が集まっています。

最近は、スマートコントラクトという予約技術を資金調達に活かされています。

資金調達の方法としてIPOは、資金調達では独自の通貨でやり取りをして後でイーサリアムの通貨に変換するというものです。

実用的な発展が楽しみな仮想通貨ということになります。

イーサリアムはビットコインに続いて時価総額ランキングは位置していて、知名度もとても高い仮想通貨です。

イーサリアムのERC20トークンでICOを行う需要がとて増えています。何が便利かというと、ERC20トークン上でトークンを開発することで、1から全てトークンを作る必要がありません。

そのため開発が飛躍的に楽になったということが言えます。

また、イーサリアムの価格はビットコインの価格と大部分が連動しています。ビットコインが起点となってイーサリアムの価格が動くので、今後ビットコインの価格が高騰すれば連動してイーサリアムの価格も好影響を受けやすいでしょう。

イーサリアム(ETH)のリアルタイムチャート・価格

イーサリアム(ETH)の現在の価格をチェックしてみてください。

 

リップル(XRP)

リップル

通貨名 XRP
発行開始年月 2013年
現在レート(1通貨) 1XRP=100円
発行上限 1,000億枚
購入可能な取引所 コインチェック、bitFlyer、GMOコイン、 TAOTAO、bitbank、binance、BITPoint
レバレッジ取引が可能な取引所  GMOコイン、DMMビットコイン、BITPoint
注目すべきポイント
  • 時価総額第3位の仮想通貨
  • 処理コストが安いため国際送金に用いられる
  • 中心の管理者がいる

リップルという仮想通貨は、マネーブリッジとして送金のときによく使われています。

リップルは、送金が数秒で完了してしまうことやコストが低いというのが特徴です。

しかし、ビットコインやイーサリアムと違う点は中心の管理者リップル社があるということです。
リップル社の独自のシステムのバリデーターで管理や認定を行っています。

そして、リップル社が中心にいるおかげで、サーバーが1つになり高速な送金が可能となっているのです。

2021年3月には、世界中の銀行や決済システムと提携を結んでおり法整備がされるころには、リップルでの決済が身近でできる日がくるでしょう。

また、Googleの子会社からも出資されていることで将来性がある仮想通貨といえます。

リップルはビットコインやイーサリアムに次いで将来性が期待されている仮想通貨の一つです。

リップルは主に国際送金の場で活用されることを目的としています。そのポテンシャルはとても高く、多くの銀行や金融機関がRippleNetに参加しています。

リップルを利用することにより従来の国際送金よりも格安、短時間、高い安全性のもと行うことができます。

リップル(XRP)のリアルタイムチャート・価格

リップル(XRP)の現在の価格をチェックしてみてください。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ

通貨名 BCH
発行開始年月 2017年8月1日
現在レート(1通貨) 1BCH=71,984.32円
発行上限 2,100万枚
購入可能な取引所 コインチェック、bitFlyer、GMOコイン
レバレッジ取引が可能な取引所 GMOコイン
注目すべきポイント
  • ビットコインから派生した仮想通貨だから認知度が高い
  • ブロックサイズはビットコインの32倍
  • スマートコントラクト技術が使われている

ビットコインキャッシュという仮想通貨は、ビットコインからは派生したものなので認知度が高いのです。

ビットコインキャッシュのメリットは、容量が大きくマイニング難易度調節機能があるということです。

マイニング難易度調節機能があると過剰発行を抑えることができるので、インフレを防ぐことができます。

さらに、ビットコインキャッシュは予約機能であるスマートコントラクト技術が使われているので実用性があります。

ほかには、ビットコインキャッシュを実際に使っている地域も多くなってきました。
ビットコインキャッシュは、送金の時間が速いことから決済通貨としても将来使われるのではという意見もあります。

ビットコインキャッシュのスマートコントラクト技術で、元々仲介者がいる契約もあらかじめスマートコントラクトに契約情報などを入れておくことで直接契約が可能になります。

既にこの技術は、不動産業会をはじめとした契約を用いる分野で活用されています。

また、ビットコインキャッシュは基軸通貨としての将来性もあります。

基軸通貨といえばビットコインを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、ビットコインキャッシュも基軸通貨として認められつつあります。

海外取引所では、ビットコインキャッシュを基軸通貨として設定しているところも多数あります。

ビットコインキャッシュ(BCH)のリアルタイムチャート・価格

ビットコインキャッシュ(BCH)の現在の価格をチェックしてみてください。

 

ライトコイン(LTC)

ライトコイン

通貨名 LTC
発行開始年月 2011年10月
現在レート(1通貨) 1LTC=19,477.52 円
発行上限 8,400万枚
購入可能な取引所 コインチェック、bitFlyer、GMOコイン、ビットポイントジャパン、bitbank、BTCボックス、フォビジャパン、Liquid by Quoine、楽天ウォレット
レバレッジ取引が可能な取引所 GMOコイン、ビットポイントジャパン、
注目すべきポイント
  • 処理速度が速く、手数料が安い
  • 発行上限が8400万枚と多い
  • 決済サービスで普及

ライトコインは、発行上限がほかの仮想通貨と比べると多いのが特徴です。

さらに、ライトコインは処理速度が速く手数料が安いというのも人気の理由です。

そのくらい速いのかというとあ、ビットコインは10分に1つの箱ができるところをライトコインでは2.5分で1つの箱ができてしまうのです。

つまり、同じ10分という時間でライトコインは4つの箱を作成することができるという処理能力ということです。

手数料が低いことで、決済サービスでの普及が期待されている仮想通貨でもあります。
決済サービスとして普及するならば、多くの人が利用する可能性があり、将来性があります。

また、ライトコインはビットコインをベースとして開発されたため認知度はこれから高くなるかもしれません。

ライトコインは、総合的にみても優等生な技術を持つ仮想通貨です。

元々は、ビットコインを補う目的で作られました。発行上限は、ビットコインの4倍となっています。

また、ライトコインは決済などにおいて優秀で、高速かつ安全に決済できる仮想通貨をビジョンに掲げています。今後、ライトコインが多くの仮想通貨の中でどれだけ存在感を出して実用化されていくかがとても大事になります。

ライトコイン(LTC)のリアルタイムチャート・価格

ライトコイン(LTC)の現在の価格をチェックしてみてください。

将来性がある草コインランキングTOP3

将来性がある草コインランキングTOP3

草コインとは、まだ時価総額が低く知名度が低い草コインのことを指しています。

この草コインは、時価総額などは低いですが今後大きく価格が上がる可能性を秘めており、投機性が高いとも言われています。

このような草コインをいち早く見つけ、価格が低いうちから投資を行うことで価格が上がった時に大きな利益を生み出します。

ここでは、将来性のある草コインをランキング形式でご紹介いたします。

第1位 IOST(アイオーエスティー)

IOST(アイオーエスティー)

通貨名 IOST
発行開始年月 2018年10月1日
現在レート(1通貨) 1IOST=2,25円
発行上限 22億枚
購入可能な取引所 コインチェック
レバレッジ取引が可能な取引所

IOSTは、コインチェックに上場したことでも日本で一気に知名度が高くなった草コインの一つです。

IOSTは次世代のコンセンサスアルゴリズムである「Proof of Believability」を基盤とした分散型ブロックチェーンです。

IOSTの最大の特徴は、使用言語に「JavaScript」を採用しているということ。JavaScriptなので、多くのプログラマーなどが扱うことができ、簡単にスマートコントラクトの開発が可能となっています。

2020年までは価格が低迷していましたが、2021年に入ってからは今までよりも大きく価格を上げています。


第2位 Chainlink(リンク/LINK)

Chainlink

通貨名 LINK
発行開始年月 2017年9月
現在レート(1通貨) 1LINK=1,800 円
発行上限 10億枚
購入可能な取引所 BINANCE
レバレッジ取引が可能な取引所 BINANCE

Chainlinkは、分散型オラクルのミドルウェアとなっています。

Chainlinkを用いることで、ブロックチェーンとオフチェーンとを繋ぐことができるほか、相互性のないブロックチェーンとブロックチェーン同士をつなげることができます。

イーサリアムとビットコインは、直接はつなぐことができませんが、チェーンリンクを介すことでつなぐことができるようになります。


第3位 Dogecoin(ドージ/DOGE)

Dogecoin

通貨名 DOGE
発行開始年月 2013年12月
現在レート(1通貨) 1DOGE=30円
発行上限 なし
購入可能な取引所 BINANCE
レバレッジ取引が可能な取引所 BINANCE

DOGEコインといってもわからない方でも、「柴犬のコイン」と言えば分かる方はいるのではないでしょうか。

このDOGEコインは、当時インターネットで話題となったミーム画像の柴犬がロゴとなり、冗談のような形で作られました。

2021年になるまで、あまり注目はされなかったDOGEコイン。性質は、ほぼビットコインと同じですが決済がとても早く、少額の送金や決済にも使われます。

注目されるきっかけとなったのは、2021年にイーロン・マスク氏がDOGEについてTwitterで発言直後です。

このツイートの後には、DOGEコインが一時60%以上も上昇する結果となりました。

5月にまた、マスク氏はDOGEの開発者と協力しているというツイートを行い、XRPや任天堂の時価総額を超える結果となりました。

おすすめの仮想通貨取引所ランキングTOP3

仮想通貨取引所ランキングTOP3

将来性のある仮想通貨は分かったけど、仮想通貨をトレードできる取引所はどこがいいの?とお悩みの人多いと思います。

扱っている通貨の種類やレバレッジ取引ができるかどうかも取引所によって異なるので、確認しましょう。

さらに手数料をできるだけ抑えたい人もいると思いますので、送金手数料や入金手数料についても参考にしていただけると幸いです。

コインチェック(Coincheck)

コインチェック

取引所名 コインチェック
取り扱い通貨数 16種類
最大レバレッジ 無し
送金手数料  BTC : 0.001BTC、ETH : 0.01ETH、XRP : 0.15XRP
入金手数料 0円~1000円
評価ポイント
  • 国内仮想通貨取引 アプリ第1位
  • 少額から取引可能
  • スマホで簡単に入金ができる利便性

仮想通貨を取引するならまずは「コインチェック」を使ってほしいという声が多いくらい人気の取引所です。

コインチェックは、仮想通貨の取扱い種類が16種類と同業者の中では1番に多いのでさまざまな仮想通貨を取引することが可能です。

さらに、スマホから最短10秒で入金ができてしまうので値動きが激しい仮想通貨の取引にとって大変便利といえます。

サイトがシンプルなので分かりやすく、1万円からつみたてができるので初心者でも安心して取引することができますよ。

手数料を気にしている人にもおすすめしたいのがコインチェックですが、取引所手数料は無料なので利用しやすいです。

送金や入金の手数料はかかってしまうため、注意が必要です。

コインチェックの評判・口コミ

トレード歴5年

マネックスグループが運営しているため安心して取引ができている。さらに、仮想通貨の種類も多いためさまざまな仮想通貨の取引ができるのがいいですよ。

トレード歴3年

少額からでも取引ができるところに惹かれてコインチェックで取引をしています。数百円から取引ができるので、初心者でも始めやすいと思います。チャット機能で意見交換をすることもできるので、勉強になります。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

DMMビットコイン

取引所名  DMMビットコイン
取り扱い通貨数 12種類
最大レバレッジ 2倍
送金手数料 無料
入金手数料 無料
評価ポイント
  • レバレッジ取引数第1位
  • 口座開設は1時間で完了
  • スピーディに注文可能
  • 入金、送金手数料が無料

DMMビットコインをオススメする人は、手数料を抑えたい人やレバレッジ取引をしたい人にぴったりの取引所です。

DMMビットコインでは、送金や入金の手数料が無料なので手数料を抑えたい人に是非とも利用したい取引所です。

さらに、レバレッジ取引もDMMビットコインなら利用可能です。
大手のコインチェックやbitFlterでは、レバレッジ取引ができないのでレバレッジ取引をする人はDMMビットコインを利用する人が多いです。

ほかには、講座を開設した当日から取引が可能なのですぐに始めたい人におすすめの取引所でもあります。

初心者でも操作しやすい、取引ツールや問い合わせもLINE対応なので使いやすいです。

DMMビットコインの評判・口コミ

トレード歴6年

とにかく手数料がかからないという点とレバレッジ取引ができることが魅力でDMMビットコインを使っています。取引ツールもシンプルでかつ分かりやすいので使いやすいです。

トレード歴2年

仮想通貨は値動きが激しいのでチャンスを逃さないようにすぐに入金できる取引所で始めたいと思い、DMMビットコインを利用させてもらっています。困ったときには、LINEでも聞きやすく土日も対応してくれるので大変助かってます。

GMOコイン

GMOコイン

取引所名 GMOコイン
取り扱い通貨数 12種類
最大レバレッジ 無し
送金手数料 無料
入金手数料 無料
評価ポイント
  • 少額から始められる
  • 入金、送金手数料が無料
  • 10分で素早く口座開設OK

GMOコインは手数料を抑えたい人や少額から始めたい人におすすめしたい取引所になります。

送金や入金の手数料が無料なので手数料が気になる人にはぴったりですね。

GMOコインは、GMOグループの仮想通貨取引所ということもありセキュリティがしっかりしていることで初心者でも安全に取引することができます。

GMOコインでは、1000円という少額から取引が可能なので気軽に始めることができることも魅力のひとつといえます。

口座開設も10分で終わるので手軽に始めることができるので初心者でも始めやすいです。

GMOコインの評判・口コミ

トレード歴4年

取引ツールが高機能なので、必要な情報を1画面で表示ができるため使いやすい。GMOコインは、少額の取引もできるため初心者でも始めやすいと思います。

トレード歴1年

GMOグループの取引所ということもあって、しっかりとセキュリティ対策を行っているのでGMOコインを使って取引しています。また、レバレッジだけではなく販売所としても取引ができるので便利です。

将来性のある仮想通貨へ投資して稼ぐためのポイント

仮想通貨へ投資して稼ぐためのポイント

投資をしてみたいと思った仮想通貨はありましたでしょうか。
また、自分のニーズに合った仮想通貨取引所は見つけられましたでしょうか。

仮想通貨の取引を始めても利益がでなければ意味がないので、将来性のある仮想通貨の稼げるポイントを4つご紹介します。

初心者でもできるものもあるので、仮想通貨を始めるにあたり参考にしてみてください。

ポイント

①ガチホ(長期保有)で稼ぐ
②レンディングで稼ぐ
③テクニカル分析とファンダメンタル分析を行う
④分散投資を行う

ガチホ(長期保有)で稼ぐ

仮想通貨を長期間保有することをガチホと言い、初心者にも安心して使えるコツの1つです。なぜなら、難しい技術は不要でただ仮想通貨を長期間で保有するだけの手法だからです。

長期保有するときは、つみたてを行うとドルコスト均等法が使えてリスク分散することができます。

つみたてができる取引所は、GMOコイン(1000円から)とコインチェック(1万円から)とbitFlyer(1円から)の3社ですので自分に合った取引所を選択してまずは少額から始めてみましょう。

レンディングで稼ぐ

money

レンディングとは
レンディングとは、仮想通貨を貸し出して利息収入を得る方法です。

取引所と仮想通貨を持っている人が契約を行うので、貸した仮想通貨を横領されることはありませんが取引所が倒産してしまった場合は、預金と違ってペイオフと呼ばれる預金保護制度は仮想通貨にはありませんので確実に返金される保障は無いので注意しましょう。

しかし、ただ預金として持っている資金は銀行の利率も低いのでもったいないですので近年は余剰資金をレンディングする人が増えてきています。

テクニカル分析とファンダメンタル分析を行う

まずは2つの分析について簡単にご説明します。

テクニカル分析とは、過去の値動きのチャートをもとに将来の値動きを予想する分析のことです。

一方で、ファンダメンタル分析とは景気動向や経済に影響を与える公人の発言などに基づいて将来の値動きを予想する分析のことです。

テクニカル分析は、経済の動向がよくわからない初心者でもトレンド系分析とオシレーター系分析とフォーメーション分析の3つの分析の仕方に当てはめて将来を予測することができます。

分散投資を行う

risk

集中投資よりも分散投資をするほうがリスクを回避することができますよね。

たしかに、安いときに多く買っておきたいものですが値動きが激しい仮想通貨は下がるときは急激に下がるので集中投資するのはハイリスクといえます。

初心者ならば、最初は複数の仮想通貨を保有したり時間をずらして投資する分散投資を行うことをおすすめします。

分散投資を行うならば、手数料が抑えられる取引所を利用することでお得に取引することができますよ。

将来性がある仮想通貨に関するQ&A

将来性がある仮想通貨に関するQ&A

将来性がある仮想通貨でも、絶対に価格が上がるというわけではありません。中には、ステーブルコインといったような価格変動が最小限の仮想通貨もあります。

ここでは、将来性がある仮想通貨に投資する前によくある疑問をご紹介いたします。

将来性がある仮想通貨に投資すれば必ず儲かる?

将来性がある=その銘柄の価格が上がるということは残念ながら必ずとは言えません。

大抵の場合は、将来性があり需要が増すとその仮想通貨の価値は高まり価格が上昇する仕組みです。

例えば、発行枚数がとても多い仮想通貨の場合は価格がなかなか上がりにくかったり、運営が毎月市場に大量の仮想通貨を放出しているなどの場合は、価格が高騰しにくくなります。

また、送金やブリッジ通貨に適した仮想通貨の場合は、ステーブルコインといって価格が常に安定しするという特徴を持つ暗号資産もあります。

ステーブルコインの場合は、大きな高騰などはあまり期待できません。

しかしながら、将来性がある仮想通貨に早い段階で投資をするメリットは多数あり、多くの仮想通貨投資家は、先を読んで投資を行っています。

詐欺コインの見極め方は?

将来性のある仮想通貨があるなか、中には詐欺まがいの仮想通貨もあります。

3000種類以上ある仮想通貨の中で、その詐欺コインを見極めるのは難易度が高いと思っている方も多いでしょう。

しかし、安心してください。

とても簡単に詐欺コインかどうかを見極める方法があります。

それは、国内取引所に上場している仮想通貨のみを取引するということです。仮想通貨取引所に銘柄を上場させるためには厳正な審査に通過する必要があります。

まず、詐欺コインの場合はほぼ100%の確率で審査には通らないでしょう。

草コインなどを取引したい!という方は、BINANCEをおすすめします。BINANCEでは、常に銘柄の審査を定期的に行っています。上場取り消しも行っているので、審査体制などはしっかりとしているでしょう。

【まとめ】将来性がある仮想通貨にどんどん投資していこう!

将来性のある仮想通貨についてご紹介しましたが気になる通貨や取引所はありましたでしょうか?

仮想通貨はご紹介した以外にもたくさんの仮想通貨があるので、もしピンとくる仮想通貨がない場合は冒頭でご紹介しました。将来性がある仮想通貨の選び方を参考にしてみてください。

また、これから始めようという人はぜひ稼げる4つのポイントの中でまずは自分ができるものから試してみてください。

仮想通貨はまだまだこれからで大きく期待されている通貨ですので、余剰資金があるという人はぜひ始めてもいいかもしれませんね。