Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設ガイド|利用するメリットやデメリットをご紹介!

コインチェック 登録

コインチェックの登録方法が知りたい!

コインチェックに登録するメリットてあるの?

Coincheck(コインチェック)は以前CMがあったこともあり、かなり知名度が高い取引所です。

コインチェックに登録してみたい!と思っても、初めて登録する場合はやり方がわからないという方も多いでしょう。

そこで、この記事ではコインチェックへの登録方法、入金方法、登録するメリットやデメリットをご紹介いたします。

この記事をまとめると

coincheck

  • コインチェック(Coincheck)はマネックス傘下の国内仮想通貨取引所だから安心!
  • コインチェック(Coincheck)はアプリがとても好評を得ている!
  • コインチェック(Coincheck)への登録方法はとても簡単!図解でわかりやすく解説します!
  • コインチェック(Coincheck)ではレバレッジ取引はできない!

Coincheck(コインチェック)の基本情報

コインチェック(Coincheck)の会社概要

おすすめポイント
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 取引手数料無料
  • 取引開始まで最短1日

コインチェックは国内取引所として、とても人気です。

仮想通貨に興味がある人は既にチェックしていることでしょう。

Coincheck(コインチェック)は、関東財務局に登録済みとなっており安心して取引ができるでしょう。

また、コインチェックは取り扱い銘柄が多いので豊富な通貨ペアで取引をすることができます。

例を挙げると、コインチェックではビットコイン、リップル、イーサリアムなどの主要仮想通貨から、リスク、モナコイン、クアンタム、ステラなども取り扱っています。

取引所名 Coincheck
最大レバレッジ なし
追証制度 なし
売買手数料 無料
送金手数料 通貨ごとに異なる

Coincheck(コインチェック)への登録・口座開設方法

Coincheck(コインチェック)への登録・口座開設方法

ここでは、Coincheck(コインチェック)への登録方法を詳しくご紹介いたします。

コインチェックへの登録自体はとても簡単です。しかし、取引するには本人確認書類の提出が必須となっています。

パソコンやスマホからでもアップロードができます。運営の確認で数日かかるので早めに本人確認は行っておきましょう。

STEP.1
公式サイトへアクセス

まずはCoincheck(コインチェック)公式サイトにアクセスしましょう。

画面下部「口座解説(無料)はこちら」をクリックし、メールアドレスとパスワードを入力します。

入力が終わり「アカウント作成」ボタンを押すと、登録したメールアドレス宛にURLが書かれたメールが届きます

URLをクリックし、アカウント登録を完了させましょう。

STEP.2
電話番号認証

コインチェック_電話番号

本人確認の前に電話番号認証が必要になるので、携帯番号を入力し、SMSを送信します。

SMSに送られてきた認証コードを入力し、電話番号認証を完了させましょう。

STEP.3
個人情報入力

コインチェック_個人情報

本人確認のページが開いたら基本情報の入力を行います。

居住国や国籍、氏名、性別、生年月日、住所などの個人情報を入力します。

外国PEPsに該当する方は、コインチェックでの取引ができないため「該当しない」にチェックを入れます。

すでに、コインチェックのアプリをダウンロードしている方は「かんたん本人確認」の利用がおすすめです。

通常の場合はコインチェックから郵送される本人確認完了ハガキが届くまで利用できませんが、アプリ本人確認を行えば、審査が完了次第すぐに利用できます。

STEP.4
本人確認書類をアップロード

個人情報の入力が終わったら、本人確認書類の提出を行いましょう。

以下が登録に使える本人確認書類です。

本人確認書類
  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. マイナンバーカード
  4. 住民基本台帳カード
  5. 在留カード
  6. 特別永住者証明書
  7. 運転経歴証明書

上記の本人確認書類に現住所が記載されていない・間違っている場合は、現住所が記載されている書類を一緒に提出する必要があるので注意しましょう。

STEP.5
登録完了

本人確認書類提出後、コインチェックが本人確認書類の確認をします。

確認が完了したら登録したメールアドレス宛に「本人確認完了」のメール、住所確認用書類が登録した住所に届けられます。

ハガキが届くとCoincheck(コインチェック)のサービスを利用できるようになります。

Coincheck(コインチェック)への入金方法

Coincheck(コインチェック)への入金方法

Coincheck(コインチェック)への入金方法は、簡単にいうと銀行振り込みがあります。

銀行振り込みだと一番手数料が安く入金ができるので、今回はこちらの方法をご紹介いたします。

Coincheck(コインチェック)

コインチェックの取引アカウントにログインをしてください。

その次に、ウォレットの入金を選択します。銀行振り込みの場合は、「銀行振り込み」を選択します。

それぞれ専用の銀行振り込みの口座情報が下に記載されています。

そこの銀行アカウントに入金すると、数時間〜2日程度でコインチェックにて入金が確認できます。

今すぐ入金したい場合は、「クイック入金」を選びましょう。

Coincheck(コインチェック)からの出金方法

Coincheck(コインチェック)からの出金方法は、出金先のアドレスを準備すればとても簡単です。

ここでは、コインチェックの出金方法をご紹介いたします。

入金2

入金の時の同じように、ウォレットにアクセスします。

ウォレットから「出金」を選択しましょう。ここでは、まずご自身の銀行情報を登録します。

そして、「この口座に振り込む」を選択します。その後に、出金したい額を入力して出金申請をしたら完了となります。

Coincheck(コインチェック)の送金手数料

ここでは、Coincheck(コインチェック)の送金手数料をみていきましょう。

通過ごとに変わるので、送金までに確認しましょう。

対象通貨 送金手数料
ビットコイン 0.001 BTC
イーサリアム 0.01 ETH
イーサリアムクラシック 0.01 ETC
リスク 0.1 LSK
ファクトム 0.1 FCT
リップル 0.15 XRP
ネム 0.5 XEM
ライトコイン 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ 0.001 BCH
モナコイン 0.001 MONA
ステラルーメン 0.01XLM
クアンタム 0.01QTUM
ベーシックアテンショントークン 4.75 BAT
アイオーエスティー 1.0 IOST
エンジンコイン 14.0 ENJ
オーエムジー 2.2 OMG

Coincheck(コインチェック)に登録するメリット

Coincheck(コインチェック)に登録するメリット

Coincheck(コインチェック)に登録するメリットは複数あります。

コインチェックに登録するメリットをここではご紹介していきます。

メリットが自分の求めているものと合致していればコインチェックに登録してみましょう。

デザインがみやすく使いやすい

Coincheck(コインチェック)が人気の理由の一つとして、デザインがシンプルでみやすいということがあります。

シンプルなので、初心者にも人気で感覚的にトレードができるのでおすすめです。

アプリもあり、ブラウザ版同様シンプルなデザインで使いやすいです。

ぜひ、一度Coincheck(コインチェック)のアプリやサイトを確認してみてください。

取り扱い通貨数が豊富

Coincheck(コインチェック)は、他国内取引所に比べても取り扱い通貨数が多いことが特徴です。

現在、コインチェックでは16種類の仮想通貨に対応しています。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ステラルーメン(XLM)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ネム(NEM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • クアンタム(QTUM)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

レンディングが利用できる

コインチェックでは、レンディングサービスを展開しています。

このレンディングサービスとは、資産である仮想通貨を取引所に預け、その預けている間の期間手数料を受け取れるという仕組みです。

預けているだけでお金が入るので、ある一定数以上の資産を保有している人にとってはとても魅力的なサービスです。

国内取引所ではまだこのレンディングを行っているところが少ないので、コインチェックでぜひレンディングを利用してみてください。

Coincheck(コインチェック)に登録するデメリット

Coincheck(コインチェック)に登録するデメリット

Coincheck(コインチェック)に登録するデメリットはあまりありませんが、あえていうと以下のことが言えます。

ここでは、コインチェックのデメリットについて解説します。ぜひ、登録する前にチェックしてみてください。

手数料が高い

Coincheck(コインチェック)は、取引所の取引手数料は無料となっています。

しかし、コインチェックにはスプレッドという実質の手数料があります。

そのスプレッドがコインチェックは広く設定されているので、取引するたびに実質の手数料が発生します。

このスプレッドは、時間やタイミングにより若干変動するので、スプレッドがやすい傾向を見つけて取引することも可能です。

どのくらいスプレッドが開いているのか、まずはご自身で確認してみてください。

レバレッジ取引ができない

Coincheck(コインチェック)は、以前はレバレッジの取り扱いがありました。

ですが、現在ではレバレッジ取引には一切対応していません。

そのため、レバレッジ取引したい方には向きません。

現在国内取引所では、最大でも2倍までのレバレッジ倍率に規制されています。

2倍というと少額ならあまり現物と変わらないと感じる方が多いでしょう。

レバレッジ取引をしたいという方は、そもそも国内取引所ではなく海外取引所を検討してみてはいかがでしょうか。

Coincheck(コインチェック)の評判・口コミ

Coincheck(コインチェック)の評判・口コミ

ここでは、Coincheck(コインチェック)の評判や口コミをご紹介たします。

それでは、実際にコインチェックを利用したことがある方、今利用している方の口コミを見てみましょう。

トレード歴9ヶ月

コインチェックは、仮想通貨投資を始めた当時からずっと使ってます。他の取引所も使いましたが、やはり使いやすさでは一番です。

他の取引所は、アプリが使いにくい。

トレード歴2年半

コインチェックを初めて使ったのは、2017年とかでした。その当時は、まだレバレッジが15倍とかで行けたのでかなり使ってましたが、現在はレバレッジ取引ないのでもう使ってません。現物取引したい方にとってはとても良い取引所だと思います。

トレード歴3年

コインチェックは、トレーディングビューは本当におすすめです。みやすいし、テクニカルも分析しやすいです。一度慣れると、かなりトレードしやすいので他の取引所は使えなくなると思います。初心者の方にもこのトレビューは使った方がいいと思います。

Coincheck(コインチェック)への登録をお勧めする人

Coincheck(コインチェック)への登録をお勧めする人

Coincheck(コインチェック)のメリットやデメリットなどを理解していただいたかと思います。

では、結局どんな人におすすめなのか気になりますよね。

ここでは、Coincheck(コインチェック)がおすすめの人を簡単にご紹介いたします。

こんな人におすすめ
  • サクサク取引をしたい
  • 仮想通貨投資を初めて1年以内
  • みやすいチャートで取引したい
  • アプリでも取引したい

Coincheck(コインチェック)は、上記のような人におすすめの取引所です。

Coincheck(コインチェック)のアプリはシンプルで操作性を第一に考えて作られています。複雑ではないので、仮想通貨初心者の方にとっても使いやすいです。

また、ブラウザのチャートや管理画面などもシンプルで高い評判を得ています。

これから仮想通貨を始めるけど、どの取引所に登録していいかわからないという方は、コインチェックに登録してみてはいかがでしょうか。

Coincheck(コインチェック)への登録方法まとめ

この記事では、Coincheck(コインチェック)への登録方法から登録するメリット、デメリットをご紹介いたしました。

この記事を通して、コインチェックの登録ができましたでしょうか?

Coincheck(コインチェック)は、国内でもかなり上位の仮想通貨取引所になります。

コインチェックは初心者から上級者まで幅広い層におすすめで、特に初心者の方から支持を得ている取引所です。

アプリも使いやすいと言われているので、ぜひダウンロードしてみてください。

これから仮想通貨を始めよう!という方やレンディングで稼ぎたい!という人はぜひCoincheck(コインチェック)への登録を検討してみてください。