ビットコイン(Bitcoin)の換金方法4選|取引所を利用した換金の詳しいやり方を徹底解説!

ビットコイン 換金方法

2021年になり、より盛り上がりを見せている仮想通貨。

投機生の高さからも注目を集めています。そんな中で、最近では仮想通貨で報酬を支払われるということも少なくありません。

「ビットコインを持っているけど、換金の方法がわからない」という方も中にはいらっしゃるでしょう。

この記事では、そんな方のためにビットコインの換金方法を詳しくご紹介いたします。一つではなく、複数あるのでご自身に合った換金方法を参考に換金してみてください。

ざっくりいうと

ビットコイン 換金方法

  • 換金する方法の中で一番のおすすめは、取引所での換金!
  • 日本にも以前はビットコインのATMが存在したが、現在は無くなっている。
  • アメリカには現在でも各地にビットコインのATMが存在している!
  • 換金するなら、初心者でも使いやすいと評判のコインチェックがおすすめ!

ビットコイン(Bitcoin)を換金する方法

換金する方法

ビットコインを換金する方法が難しいわけではありません。

むしろ非常に簡単だといえるでしょう。

また、換金方法はいくつかありますが、国外だけでできる方法もありますから自分が利用できる方法を知っておかなければなりません。

仮想通貨取引所で換金する

ビットコインを換金する一番簡単で安心な方法は登録済みの仮想通貨取引所での換金です。

勘違いしていけないのは物理的な建物や事務所が存在するのではなくネット上のシステムという点です。

システムを利用する場合は専用のアプリや公式サイトでアカウント取得が必須ですが、最近の取引所はタレントを使ったCMなどで積極的に宣伝していますから、口座開設で戸惑うことはないでしょう。

ただ、換金にかかる手数料も無視できません。

手数料は取引所ごとに設定された金額なので、予想外に高くなってしまうこともあります。

また、取引では利益を出せたとしても日本円に換金するための手数料分は取引での損失に含まれていませんが、実質的には損失であると意識してください。

ビットコイン(Bitcoin)ATMで換金する

coin

ビットコインATMはその名の通りBTCを現金またはデビットカードで購入したり、保有している仮想通貨を現金化することができる機械です。

少し時代に逆行していると思う人もいるでしょう。

インターネット経由での換金に対して手数料は高めに設定されていますが、一度銀行口座に入金してから銀行ATMで現金を入手することを考えれば手間がかかりません。

換金を日常的に行う人にとってはメリットと考えられます。

現在の日本には設置されていませんが、世界的には増加傾向にあるといわれています。

ATMは、ネット経由ではなく設置場所まで行かなければなりませんが、近くに銀行ATMがない場合に利用する人がいるのでしょう。

機械を設置してメンテナンスをする手間を考えれば取引所にとっては大きな経費負担ですが、それぞれの国の状況に合わせた取引方法を準備しているのです。

ビットコインを送金し日本円を入金してもらい換金する

この方法は仮想通貨取引所を介せずに個人レベルでのやり取りビットコインを換金する方法です。

アカウントとなるウォレットと呼ばれるビットコインの登録情報を知っていれば、仕組みとしては問題なく換金できます。

もちろん、相手との合意を取り付けなければトラブルの元であり換金してはいけません。

相手とのやり取りはすべてメール等になりますからどこの誰ともわからない相手とのやり取りでは、詐欺の可能性が非常に高いと考えなければなりませんが、取引所を利用しない部分の経費を省くことができる点に大きな魅力を感じるのでしょう。

取引に対する個人の考え方の違いですが、国内での闇金取引に近いと思った方が無難です。

知人などやり取りをするための信頼できる相手を見つけられるのであれば換金してもいいでしょう。

相手のウォレットに対して自分のビットコインを振り込み、その後で自分の銀行口座に、日本円を振り込んでもらう流れです。

海外の見ず知らずの相手では難しいでしょう。

ビットコイン対応のプリペイドカードを使い換金する

card

一般的なプリペイドカードはチャージした金額分の買い物ができるカードです。

直接日本円に換金するという形ではありませんが、買い物などに使用できるので、一つの換金の形と言えます。

対応したプリペイドカードが増えてきたので、これを利用して換金する方法を紹介しましょう。

チャージする時にビットコインで行うのですが、注意しておかなければならないのは円建てでチャージされる点です。

つまり、その瞬間的なレートによって損をしてしまう場合もあります。

手数料も無料ではありません。

プリペイドカードに換えてしまえば、その後のレートの変動は関係なくなります。

最近のプリペイドカードはスマートフォン上のアプリとなっていることが多く、今後の利用が増えてくると考えていいでしょう。

そのままコンビニなどでの買い物にも利用できます。

ビットコインの今後について徹底解説!
ビットコインを換金する前に、ビットコインの価格が上がる可能性がないかという点を確認するようにしましょう。以下の記事ではビットコインの今後について徹底解説しています。ぜひ併せてご覧ください。 ビットコイン 今後 【2021年】ビットコイン(BTC)の今後や将来性は?価格が上がる可能性を解説!

ビットコイン(Bitcoin)を換金する時にかかる手数料

換金する時にかかる手数料

換金する方法はいくつもありますが、どのやり方をしても手数料が発生しますから、タイミングによっては損をすることになります。

そのリスクを頭に入れておくことが重要です。

また、仮想通貨取引所では手数料は無料と記載されていることもありますが、スプレッドの差額が生じるためそれは手数料の違った形と考えなければなりません。

具体的な手数料は0.01%から0.15%程度の幅があります。

手数料
  1. 取引手数料
  2. 出金手数料

取引手数料

cost

仮想通貨も現実の通貨と同じように取引が行われています。

取引手数料とは日本円と別の通貨間での売買時に発生する手数料です。

この仕組みは仮想通貨に限らず通常の通貨と同じなので、取引経験者なら常識といえるでしょう。

毎日取引を行っている人は利用する取引所の口座を複数持っており、できるだけ手数料が安くなるように工夫しています。

為替変動による利益は重要ですが、取引手数料による損失も無視できないからです。

また、手数料が無料の場合はスプレッドを負担する必要があるため、実質的には無料で取引はできないと考えておきましょう。

出金手数料

口座に所有しているビットコイン(BTC)を日本円に換金した後に取引所の口座から国内の口座に移さなければなりません。

出金手数料とはその時の手数料です。

通貨の換金で注意しなければならない取引時の手数料は流動的であり未確定なままですが、出金手数料は決まっています。

為替相場の変動の影響を受けない手続きだからです。

したがって出金のタイミングは自分の都合で決めてかまいません。

銀行によっては土日祝日も可能です。

もちろん、このリスクはBTCだけの性質ではなく世界中の取引全般にいえることでしょう。

事前にいろいろなサイトの情報のチェックが自分の資産を守ることになるでしょう。

ビットコインと日本円の換金だけに注目しがちですが、米ドルなどの相場も要注意です。

ビットコイン(Bitcoin)を取引所で換金する方法

取引所で換金する方法

一番安心できる換金方法は取引所利用が普通です。

それはセキュリティの面で信頼性が高いと考えられるからです。

ここでは、ビットコインを取引所で換金する方法を詳しくご紹介いたします。

換金手順
  1. コインチェックにログイン
  2. ビットコインを選択
  3. ビットコインを売却
  4. コインチェックで出金申請

【手順1】コインチェックにログイン

コインチェックにログイン

利用者が多い仮想通貨取引所コインチェックを利用する時の具体的な換金方法について説明しましょう。

まず、専用アプリやパソコンを使ってコインチェックにログインします。

コインチェックにまだ登録していない方は、まずは登録を行いましょう。

一度登録を行うと、そのアプリがインストールされますからすぐに取引できてとても便利です。

【手順2】ビットコインを選択

ビットコインを選択

コインチェックでは、ビットコイン以外にも注目を集めているいろいろな仮想通貨の取引ができます。

1種類の仮想通貨だけを所有することもできますが、変動リスクを軽減するために複数の通貨を持つことが一般的です。

メニューからビットコインを選択すると自分が所有しているBTCの残高が画面に出てきます。

同時に円換算の数字も出てきますから、それを確認しておきましょう。

利益を出したつもりになっていても、翌日には損失になっていることは日常茶飯事です。

【手順3】ビットコインを売却

ビットコインを売却

取引所での処理の種類が表示されますから売却を選びます。

売却する金額を入力すると、日本円での金額が自動的に計算されて表示されるようになっています。

ビットコインの単位はBTCですが、レートは常に変動していますから、日本円にしていくらになるのかも変わってきます。

ただ画面上で自動的に計算される仕組みになっていますから非常に使いやすいです。

そして、売却ボタンを選択した時点で金額は確定します。

急な変動が不安になるなら取引が少ない時間帯を選ぶことも必要でしょう。

【手順4】コインチェックで出金申請

コインチェックのウォレットから日本円の出金を選択してください。

出金したい額の日本円を入力し、出金申請を行います。

これで完了です。

日本円に変えてしまえば、その後の金額の変動はありません。

自分の都合に合わせて出金申請をすればいいだけです。

ただ、振込先の銀行によって入金されるタイミングは違います。

ビットコイン(Bitcoin)を換金する際の注意点

換金する際の注意点

ビットコインを換金する流れは難しくありませんが、いくつか注意しておかなければならないことがあります。

まずは手数料の金額です。

手数料は売却時と出金時がありますから、合計額が差し引かれます。

取引所によっては特定の銀行の手数料を割安に設定している場合もありますが、チェックコインはすべて同額です。

ビットコインの売却のタイミングによって金額が変わる

換金するための売却であっても通常の取引で、ビットコインと日本円のレートの変動が金額に影響します。

したがって、売却するタイミングは非常に重要と考えてください。

チャートを見ながら、タイミングを見計らって売却するか指値注文をすることになります。

当然ですが、少しでも利益が出るタイミングで売却したいと考えるのは誰でも同じですが、損失となる場合もあります。

これは為替取引における一般的なリスクで、仮想通貨に限らず常に意識しておかなければならないでしょう。

ハイリスクハイリターンが為替取引の基本的な考え方です。

一度日本円に換金するとそれ以上の利益は見込めなくなる

cost

一度、BTCを日本円に換金すればそれ以上価格が動くことはありませんから、それ以上のBTCからの利益は見込むことができません。

もちろん、損失も受けることもありませんからメリット・デメリットの両面があります。

換金後はその金額が維持されており、自分が希望するタイミングで出金処理をすればいいだけです。

手数料は事前に確認しよう

売却時の手数料と出金時の手数料がありますが、取引所によって金額は違いますから、事前に確認しておくことが大切です。

売却時は取引額に応じて変わりますが、出金手数料は一定額となっていますが国内の銀行間の振込手数料よりも割高に設定されています。

税金が発生する場合がある

ずべての場合ではありませんが、ビットコインを換金する際に税金が発生する場合があります。

それは、ビットコインの売却や取引で利益を得た場合です。

給与所得がある人は、仮想通貨で得た利益が20万円以下の場合は確定申告の必要がありません。

しかし、それ以上の場合は確定申告が必要です

区分は雑所得となり、最高で約55%の税金を支払わなければいけませんので、多額のビットコインを日本円に換金する場合は税金を考慮に入れて行いましょう。

【まとめ】ビットコインの換金は取引所で行おう!

BTCの取引をしている人は利益を得たいと考えているはずですが、換金時の手数料を考慮していない人が少なくありません。

取引手数料が無料と記載されている場合でもスプレッドによって実質的な手数料が発生します。

また、最終的に国内の銀行口座に振り込まなければなりませんが、その際も手数料がかかります。

取引所によって手数料は違いますから、取引所を選ぶ前に確認しておかなければなりません。

取引の部分的なメリットを見るのではなく、全体を俯瞰した上でビットコインの取引は取引所の選び方が重要ということです。