【2021年最新】おすすめのアルトコイン銘柄TOP7|将来性や実用性などを徹底分析してご紹介!

アルトコイン おすすめ

アルトコインとは、ビットコイン(BTC)以外の暗号資産の総称です。

ビットコインの知名度がとても高いため、そもそもアルトコインについてよく知らない方やアルトコインのどの通貨に投資すればいいかわからない方も多いでしょう。

それもそのはず、アルトコインは数千種類以上もあり素人の方が一つ一つ調べていくのは無理があります。

そこで、この記事では、将来性が高くおすすめのアルトコインを複数ご紹介いたします。

この記事を参考にして、どのアルトコインに投資すれば良いか見極めてみてくださいね。

ざっくりいうと

アルトコイン おすすめ

  • アルトコインの時価総額をチェックすることで、どの通貨がより取引されているのかがざっくりわかる!
  • アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称。
  • 将来性のあるアルトコインもあれば、詐欺的な仮想通貨も存在している!
  • イーサリアムやリップルはアルトコインの中でも大きな注目を集めている。
  • アルトコインの価格は、ビットコインの価格に類似している!

アルトコインとは

アルトコインとは

アルトコインは仮想通貨の名前ではありません。

世界中には2,000を超える仮想通貨があるといわれていますが、その代表がビットコインです。

そして、それ以外の仮想通貨全部がアルトコインです。

全体の取引高を見るとビットコインが大半を占めており、2位以下を大きく離しています。

そのためにその他大勢という意味でまとめてアルトコインと呼ばれているのです。

アルトコインとは

coin

アルトコインとは、先に話したようにBTC以外の仮想通貨を指しています。

ビットコインは、元々「サトシナカモト」がインターネット上に論文を発表して礎を築いた人物です。

ほとんどのアルトコインは、このビットコインを基に開発されています。

なぜアルトコインと呼ばれるかについては、英語の「alternative coin」を短縮してアルトコインと呼ばれるようになりました。

この、alternativeとは「代替」という意味を持っていて、訳すとビットコインの代わりのコインということになります。

アルトコインとビットコインの違い

それではアルトコインとビットコインの違いはどこにあるのでしょうか。ビットコインが最初に登場したという背景もありますが、それだけでは説明として不十分です。

アルトコインが取引システムで使用するデータとして考案されているのに対してビットコインは仮想通貨として作られています。

つまり、ビットコインはシステムに依存せずに流通させることを目的としていたのです。

現実の通貨はそれぞれの国の状況によって大きく影響を受けますが、ビットコインは電子データとして世界中に広がりますから、世界情勢と無縁の取引ができると考えられたのでしょう。

将来性がある仮想通貨ランキングTOP7

仮想通貨ランキングTOP7

数多くのアルトコインの中から選ぶとすれば、どのような点をチェックしておくべきでしょうか。

一つの視点は将来性がある仮想通貨かどうかを評価することです。

この将来性については個人レベルで調べることは難しいですから、経済界や著名な実業家たちが支持しているかが一つの判断材料でしょう。

仮想通貨を長期的に保有するのであれば、安定した価値を保てなければなりません。

それが将来性だと考えてください。

ランキング
  1. イーサリアム
  2. リップル
  3. エンジンコイン
  4. IOST
  5. ライトコイン
  6. クアンタム
  7. OMG

イーサリアム

イーサリアム

通貨名 イーサリアム
発行開始年月 2015年7月
現在レート(1通貨) 282,769
発行上限 なし
購入可能な取引所 bitFlyer、Coincheck、GMOコイン他多数
レバレッジ取引が可能な取引所 コインチェック、GMOコイン、DMM Bitcoin
注目すべきポイント
  • ビットコインに次ぐ時価総額を誇っている
  • 発行上限や半減期がない
  • スマートコンストラクタのメリットを活用できる

イーサリアムは本来、仮想通貨の呼び名ではなく分散型プラットフォームの名前でした。

イーサリアムのシステムで使用され通貨の役割を果たすブロックチェーンにはビットコインにはない特徴があります。

それは通貨以外のデータを付加できることです。

例えば、売買記録を付加すれば、どのような経路でイーサリアムがネットワークを移動しているかがわかります。
つまり、お金の流れが見えてくるのです。

もちろん、この仕組みは仮想通貨の取引そのものには影響を与えません。
しかし、この機能を活用したい企業はイーサリアムでの取引を積極的に行うことでしょう。

結果として価格の上昇が期待できますし、将来にわたって利用されると考えられます。

リップル

リップル

通貨名 リップル
発行開始年月 2013年11月
現在レート(1通貨) 98円
発行上限 1000億リップル
購入可能な取引所 bitFlyer、Coincheck、GMOコイン他多数
レバレッジ取引が可能な取引所 GMOコイン、DMM Bitcoin
注目すべきポイント
  • 第3位の仮想通貨である
  • 国際取引の効率化やコスト削減が期待されている
  • 発行上限額が決まっていて、すでに上限に達している

国際取引においては通貨の振替だけではなく、システム内でのいろいろな作業が発生します。

それは手数料の増加や無駄時間の発生を招いてしまいます。
リップルはこの既存システムの問題を解決するために考案された仕組みです。

リップルが発行上限額に達していることが投資家の注目を集めるようになり希少価値が高まるのではないかという期待感からリップルは価格が急上昇しています。

もちろん、そのまま上昇傾向が続くわけではありませんから、いつ下落に転じるかを投資家たちは注視していることでしょう。

ただ、リップルの将来は安定していると見る投資家が少なくありませんから、取引対象としては有力な選択肢と考えられます。

エンジンコイン

エンジンコイン

 

通貨名 エンジンコイン
発行開始年月 2017年10月
現在レート(1通貨) 270円
発行上限 なし
購入可能な取引所 Coincheck、GMOコイン
レバレッジ取引が可能な取引所 なし
注目すべきポイント
  • マイクロソフトなどの大企業と提携している
  • ゲームとリンク可能なため利益を出しやすい
  • 信頼性の高いNFTの作成が可能である

エンジンコインは他の仮想通貨と違ってゲームの基盤として使用されている点が大きな特徴となっています。

経済活動と同じようにゲームは世界中でプレイされていますし、今後も大きな市場となることは誰もが認めているでしょう。

したがって、仮想通貨としてのエンジンコインの将来は安泰とみられます。

ゲームソフトなどを提供しているマイクロソフトとサムスンがエンジンコインと提携していることも、利用者にとっては大きな安心です。

仮想通貨としての発行額はまだ少ないですが、これから急速な伸びが期待できます。

若い世代はエンジンコインを通じてゲームプレイだけではなく仮想通貨取引にも強い関心を持つようになるでしょう。

IOST

IOST

通貨名 IOST
発行開始年月 2018年1月
現在レート(1通貨) 3円
発行上限 なし
購入可能な取引所 Coincheck
レバレッジ取引が可能な取引所 なし
注目すべきポイント
  • 独自アルゴリズムでビットコインと同じ非中央集権型を実現
  • JavaScript対応のため個人でも参入しやすい
  • スケーラビリティ問題の解決により高速処理が可能

IOSTはオンラインサービスやデジタル商品を交換する時のプラットフォームで使用されている仮想通貨です。

他の仮想通貨が抱えている問題点を独自のアルゴリズムで取り除いており、信頼性は非常に高いと考えられています。

また、スケーラビリティ問題もクリアしていますから、将来の発行額増加にも十分対応できるでしょう。

ほとんどの仮想通貨の流通形態は分散型金融と呼ばれており、IOSTはその仕組みを積極的に推進しています。

既存の仮想通貨のメリットを集めているといえます。
この方向性が多くの投資家に注目されるようになっていて、徐々に取引額が増えています。

正にこれからおすすめの仮想通貨です。

ライトコイン

ライトコイン

通貨名 ライトコイン
発行開始年月 2011年10月
現在レート(1通貨) 19,341円
発行上限 なし
購入可能な取引所 Coincheck、bitFlyer、GMOコイン他多数
レバレッジ取引が可能な取引所 DMM Bitcoin
注目すべきポイント
  • ビットコインの欠点を補完する役割を持つ
  • 元Googleのエンジニアによる考案
  • 大きな変動が少ない安定した相場を形成している

ライトコインは元Googleのエンジニアであったチャーリー・リー氏によって発案されましたが、彼は他の仮想通貨にもかかわっており、そのメリット・デメリットを十分理解していました。

ライトコインはビットコインを追い越すのではなく、補完する仮想通貨と考えられています。

そのため、使用されている仕組みの多くはビットコインと同じです。

ただ、ビットコインの問題点はライトコインでカバーできるのですから、いずれはビットコインと同レベルの注目を集めると期待されています。

仮想通貨の相場はこれまでも大きな変動が発生しているため、仮想通貨の取引に慎重になる投資家は少なくないでしょう。

しかし、他の通貨と比較するとライトコインの相場はビットコインに合わせたように安定することが多いため、おすすめの仮想通貨でしょう。

クアンタム

クアンタム

通貨名 クアンタム
発行開始年月 2016年12月
現在レート(1通貨) 1,115円
発行上限 なし
購入可能な取引所 Coincheck、GMOコイン他多数
レバレッジ取引が可能な取引所 DMM Bitcoin
注目すべきポイント
  • ビットコインとイーサリアムの良い点を取り入れている
  • スマートコンストラクタ実装による利用増が期待できる
  • 高い匿名性と自動化が可能

クアンタムはアルトコインの中では後発です。

しかし、その分だけ他の仮想通貨のいいところを取り入れることができました。
クアンタムはビットコインとイーサリアムの特徴をそのまま受け継いでいるのです。

もちろん、欠点は受け継いでいませんからパフォーマンスは非常に高くなっています。
安全性や高い匿名性を維持したまま、高速な自動化処理を実現しました。

これからも仮想通貨の改良は続いていきますが、他通貨のメリットを取り入れることで常に優位に立つことができるでしょう。

ただ、相場においてはビットコインとイーサリアムの影響を受けやすくなっていますから、取引時は注意しておかなければなりません。

OMG

OMG

通貨名 OMG
発行開始年月 2020年6月
現在レート(1通貨) 716円
発行上限 なし
購入可能な取引所 GMOコイン、Coincheck他多数
レバレッジ取引が可能な取引所 GMOコイン
注目すべきポイント
  • スケーラビリティ問題を解決して高速処理が可能
  • 取引手数料が安い
  • イーサリアムを基盤としており信頼性は高い

OMGはイーサリアムを基盤としていますが、イーサリアムよりも高速で安価に提供することを目標として設計されました。

高速処理によって取引の安全性が高まるとともに手数料の削減が見込まれますから、国際取引を日常的に行っている企業にとっては大きなメリットとなります。

OMGはOMG Network内で使用されていましたが、仮想通貨取引もできるようになりました。
たくさんのアルトコインの中で注目される存在となっています。

これからアルトコインの取引を考えるならOMGはおすすめでしょう。

また、OMG Networkは世界中に散らばる50人以上のメンバーで安定した運営がされており、取引の不安要素はありません。

アルトコインが取引できるおすすめの取引所

アルトコインが取引できるおすすめの取引所

アルトコインはたくさんありますが、実際に取引できるのは限られています。

現実にはアルトコインがたくさんあると考えてはいけません。

つまり、限定されたシステム内で使われているため市場が成立ないため、本当は仮想通貨と表現すべきではないでしょう。

逆の見方をすれば取引されているアルトコインは信頼できると考えていいですが、どの取引所でも同じようにアルトコインを購入できるわけではありませんから、取引所の選び方をしっかりと考えなければなりません。

取引所
  1. Coincheck(コインチェック)
  2. ビットフライヤー
  3. GMOコイン

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

取引所名 コインチェック株式会社
取り扱い通貨数 16通貨
最大レバレッジ 取引なし
最低取引量(BTC) 0.001
追証制度 暗号資産交換業者登録済
アプリ Coincheck Bitcoin Wallet
評価ポイント
  • 仮想通貨取引アプリダウンロードがNo1
  • 最短5分で口座開設可能
  • 16種類の仮想通貨を取り扱っている

Coincheckは2014年から開設されており、その間にシステムのトラブルなどもありましたが適切な処置により安定した運用ができています。

手数料無料やアプリの使いやすさが注目されていますが、取引システムが安定していることが一番重要と考えなければなりません。

日本国内でのCoincheckの知名度は高いですから、アルトコインの購入には最適といえるでしょう。
まずは公式サイトにアクセスしてみてください。

ビットフライヤー

取引所名 株式会社bitFlyer
取り扱い通貨数 12通貨
最大レバレッジ 2倍
最低取引量(BTC) 0.00000001
追証制度 暗号資産交換業者登録済
アプリ bitFlyerアプリ
評価ポイント
  • 様々な手数料が無料
  • 100円から気軽に取引できる
  • スマホやパソコンで簡単操作

bitFlyerは取引所として一番重要なセキュリティの強固さが世界でNo1と認められている仮想通貨取引所です。

仮想通貨はどこで購入しても同じだと思っている人は多いのですが、購入した通貨は自分の手元にはなく取引所のデータとなっています。

つまり、取引所がトラブルを起こすと自分の通貨データが消失してしまう危険性があります。

bitFlyerを選ぶ人はそれを十分理解しているのです。
選択する理由は明確ですが、実際の取引所選びでは冷静に判断できないかもしれません。

bitFlyer(ビットフライヤー)の辛口評判を大公開!口コミなどから利用するメリットを紹介!

GMOコイン

GMOコイン

取引所名 GMOインターネット株式会社
取り扱い通貨数 5通貨
最大レバレッジ 2倍
最低取引量(BTC) 0.0001
追証制度 暗号資産交換業者登録済
アプリ GMOコイン 暗号資産ウォレット
評価ポイント
  • オリコン顧客満足度No1
  • 取引開始まで最短10分
  • 1,000円未満から気軽に始められる

GMOコインはCMなどを積極的に行っていて、知名度がかなり高い仮想通貨取引所です。

GMOそのものは仮想通貨だけではなく、様々な分野でのサービスを展開していますから、利用者にとって非常に身近に感じられるはずです。

これから仮想通貨取引を始めたいと思っている人にとって知名度は一つの安心につながります。

取引は少額であってもお金を使うのですから不安がない人はいません。
顧客満足度No1の実績は大きな価値と考えてください。

【まとめ】おすすめのアルトコイン

アルトコインにはたくさんの種類がありますが、実際に支持を得て取引されているのはごくわずかです。

知名度によって取引高は変わってきますし、相場の変動も予測できない場合が少なくありません。

実際に購入する場合にはアルトコインの銘柄だけではなく取引所の選び方も重要となります。

市場全体の取引額が小さいとしても、初めてアルトコインを購入しようとする人にとってはあまり関係ないことです。

自分にとってのメリットを意識することが大切です。

そのためには正確な情報を得なければなりません。アルトコインの仕組みと注目されている理由などを理解した上で取引を始めましょう。

アルトコインが取引できるのは、国内取引所だけではありません!海外取引所のバイビットなら、レバレッジ最大100倍で取引が可能。